2020-03-13

【リモートワーク対策その2】目線の高さにモニター&スタンディング!!!


職場のデスクワーク環境の大切さを伝えてきました。
基本はこちらです。

1)PCを目線の高さに画面を上げること。(ノートPCも)
2)外付けモニターをつけること。(作業ディスプレー空間の拡大)
3)外付けキーボード・マウスを使うこと。(カラダに楽な位置を設定する)

会社によっては、自分の都合で、3つの改善ができない方もみえました。

・「会社は自分の裁量でレイアウトが変えることができません」
・「フリーアドレスで、モニターを上げると目立ちすぎます」
・「USBに他のものを、接続できません」

今こそ、改善してください!!!
リモートワークが当たり前の自宅作業時代だからこそ、自宅の環境をベストポジションにしましょう!!

あなたの身体を生涯取り扱うのは、あなただけです。
悪くしないための工夫をぜひ、学んでください。

リラックスする自宅空間で、仕事ONのモードになりにくい。
それには、理由があります。
ご自宅でどんな服装で仕事をしますか?

スーツを着ますか?
人に会うために外出用のシャツを着ますか?
通常自宅にいる時に、リラックスしやすい服ではないでしょうか?
もちろん服を着替えることも一つです。
仕事気分に変えるにはいい方法です。

リモートワークが続く時に、毎日スーツに着替えて気分を切り替えても大丈夫です。
でも、家事や掃除をパッとできる環境なので動ける服装でいたいと私なら思います。

そんな頑張んて、気分を切り替えても
子供や家族が悪い訳ではありません。

・家族が家の中でゴロゴロしているのが目につく
・テレビをみている家族が目につく
・子供がゲームしているのがイライラする

なんとか対処しようと、声が聞こえないように音楽を聞いています。
でも、気になると気になりますよね。笑

そんな時に大切なのは、人類の身体の使い方から、遺伝子的にあなたの本当のスイッチをONにすることです。

今らから、強制スイッチをONにする方法をご紹介します!!!

答えは、誰もがやっていることです。

なんでしょうか?

立つことです。

たったこれだけです。

はっきり断言しますが、人間は立つように設計されています。
立っているだけで無意識に、バランスをとります。
重力を支えるために、筋力を使います。
立つだけで、眠くなりません。

自宅で仕事をする時こそ、立って仕事をする空間を。

そんなことを言っても立っていられない方。
そんな方は、膝立ちしてみてください。

700万年に歴史から、身体の使い方を伝わるように、まとめた一冊がこちらです。
詳しくは、こちらでも。


今こそ、立って仕事する空間をお勧めいたします。
ぜひ、この機会に情報をアップデート、自らの生活する空間をより良い方向に改善してみてください。

2020年は働き方改革、実践編の年。
本当に自分の能力を生かして働けるか試されています。
体調不良に邪魔さられず、最高の体調で、
頭脳をフル生かして、新しい時代の流れに一緒に乗ってきましょう!!

姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家(R)仲野孝明

関連ブログ
【リモートワーク対策】自宅でのスタンディングデスク環境整備へ
http://takaakinakano.com/standing_desk201901/
【リモートワーク対策】目線の高さにモニター&スタンディング!!!
http://takaakinakano.com/standing2/
【リモートワーク対策】
人類にとってスイッチONな方法で、集中力が高まります。
http://takaakinakano.com/standing/

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【自宅で学習】姿勢治療家(R)の調子いい!『体の使い方』動画講座
疲れやすいカラダにサヨナラしたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です