2017-05-04

これだけで練習不足が補える!マメ対策テーピング法!!


マラソンを走ると足にマメができる方

私もよくマメができていました。

しかし、今では
ほとんどできなくなってきました。それには、対策があります。

それは、靴を履く前に徹底的にマメができる条件を
無くすことです。

マメができる一番の原因は
ランニング中に足がこすれること。

・足がこすれること。
・足が蒸れていること。
・擦れる箇所が多いこと。

具体的には、それらの場所に
もっとも皮膚をガードしてムレないテーピングをつけること。

キネシオテーピング
ご存知でしょうか?

名前だけはご存知かもしれません。

茶色の伸縮性がある柔らかいテーピングです。

多くの商品が現在では
類似品になってしまっています。

もともとは、私が子供の時から両親共々お世話になっている
米国政府公認のカイロプラクター
加瀬健三先生の考案されたテーピングです。

KINESIOTEXが正式名です。

私は必ず使用しています。

機能はもちろんですがその中でも
通気性と
伸縮性がすばらしい商品です。

豆ができる理由は、大きく3つあります。
・足の指がしっかり使えていない。
・アーチが低下
・足の筋力低下

しっかり指先まで力が入っていないために
足先がぶれてマメができています。

根本的対策としては
あしゆびのトレーニングや
五本指ソックスを履く

など、いろいろ
靴下は使っていますが
しかし、これらの原因は、数日のトレーニングでは
どうにもなりません。

長期的なトレーニングが必要です。

大会時や、長距離練習の際には
私は
テーピングは豆になりそうな箇所にすべて自分
キネシオテーピングを巻きます。
3.75×5m
2.5×5m

を駆使して、足の指に巻いていきます。
巻は、
第1指(足の):7.5cm
第2指(足の):7.5cm
第3指(足の):7.5cm
第4指(足の):5cm
第5指(足の):5cm

使用後ですが。。。汚くてすいません。。
こんな感じです。

左は、
第五中足骨を骨折したあとでしたので

アーチを高めるために
テーピングを施してます。

サハラ砂漠レースの時はさすがに
これでもムレてマメができました。

今回のウルトラは、なんとマメなしでした。

このテーピングの後に
タビオのレーシングランプロを使用しています。

黄色の蛍光は
CEP ナイトカフスリーブ 

現在のところこの装備で バッチリです。

靴は、
足がテーピングや浮腫で
少し大きめになるので
アルトラ パラダイム 10.5 を履いています。

いよいよ、チャレンジ富士五湖へ
続く。。。

姿勢治療家(R) 仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です