2017-11-14

正しい姿勢はまず、3点で立ちなさい!!


正しい立ち方の基本は、足裏から。

足の裏には、とても大切な3つのポイントがあります。

そのポイントを探すには

1)足を平行に、両足を肩幅に立ちます。

2)足の指を上に反らせた時に、踵の下小指の下親指の下
しっかり地面についているかを確認します。
この3つのポイントがもっとも大切な3点です。

3)3点に均等なバランスで立てなければ、中心で立ていません。


立てない方は
まず、自らの足を観察することから始めましょう。

<観察しよう>
靴下を脱いで自分の足を観察してみてください。


・踵などで極端に硬くなっている皮膚はありませんか?
・足の指先はまっすぐに伸びていますか?
・外反母趾ではありませんか?
・豆ができてたりしていませんか?
・足の爪が剥がれたり、血豆になったりしていませんか?

・足の小指の爪が真直でなく、内側にまがっていませんか?
・足の小指の爪がなくなっていたり。。。

←こちらの書籍では詳しく説明しています。

足も自分の手と比べて
明らかに形や形状があまりにも違う場合は
今までの長年の使い方でダメージを与えてしまった結果です。

靴や靴下などからなどさまざな
要素があります。

まずは、何事も気づくことが大切です。

<正しい立ち方>

1)裸足になる

2)足を平行に、両足を肩幅に姿勢を意識して立ちます。

3)足の指を上に反らせ、踵の下小指の下親指の下
しっかり地面についているかを確認します。

4)体を左右に動かし、中心と思われるところで止まります。

5)体を前後に動かし、中心と思われるとことで止まります。

6)指先を地面につけて、完成です。

重心の中心で立っている感覚を
味わってください。

その形のまま
手を前で組んで、手の甲を内側にみながらゆっくり
顔と手を挙げていき
天井まできたら、顔を正面にもどします。

そこで、手を天井に、足を地面でしっかり
上下に伸びます。

そのまま、薄くなったお腹を意識して
手を横から下ろせば正しい立ち方の完成です。

ぜひ、毎日行ってみてください。

自分のことををもっと
教えて欲しい、やり方がわからないなど
ご来院いただくと細かくミリ単位でお伝えいたします。

誰もがこの感覚を手に入れると
みずからの体のコツがつかみやすくなります。

一生に一度、身につけるだけで一生使えるノウハウです。

姿勢が変わると人生が変わる。
姿勢治療家(R)
仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です