2018-02-21

体温は、重要な健康ファクターです。



自分の体温を知っている方?

実は体温ってとても
重要な健康ファクターなのです。

以前より
低体温がまずいことは、
書籍や知識としてもよく知っていました。

<私が意識している温活>

・白湯を飲むことを冬にしたり

・体をあたためる生姜を意識して取り入れる
生姜は、無漂白のなるべく国内産のものを選んでいます

・季節や体調に合わせて食べる食材を意識したり
味噌や醤油は体をあたためてくれます
根菜たっぷりのお味噌汁など便利です

・指先などのマッサージなどで血流をよくしたり
手先、指先などお風呂に入ったとき
さすってあげるだけでも違います

・足首、手首を冷やさないように意識する
ストール、マフラーやイオンドクターのレッグウォーマーなどで
冷えないようにしています

・運動の時間を確保し血流のポンプを回す
駅のエスカレーターを階段にしてみたり
自転車で行くところを徒歩にしてみたり
毎日の小さな運動貯金を貯めましょう!!

・姿勢治療家(R)6ヘルス(睡眠・食事・運動・精神・呼吸・構造)のバランスの取れた生活をする

・正しい姿勢で生活する
自立神経の働きもスムーズになります

などなど

それらの項目に最近、重炭酸入浴剤がプラスされました。

入浴剤は添加物などの観点から
逆に交感神経の働きを緊張させるのではないかと
あまり積極的には取り入れておりませんでしたが

重炭酸入浴剤に出会ってから
1週間毎日前後の数値をとるために
体温を測っていました。

低温のお風呂で15分以上入ることで

入浴前は
36.1度でしたが、この商品をつかうと36.8度になりました。

なぜ?低体温がダメなのでしょうか?

低体温がまずい理由には、
免疫力の低下に大きな影響があるからです。

●体温が1度下がると免疫力が30%低下

●体温が1度上昇すると免疫力は500%~600%、

 

 

<1度の低下で起こること>

体内酵素活性力は 5 0%低下。
免疫力は3 7%低下。
基礎代謝力は1 2%低下することが分かっています。

しかも、がん細胞は体温が3 5℃前半の低 体温を好み、
不妊治療に通う女性の大半が3 5℃台の体温であることも
分かってきているようです。

 

<1度上昇で起こること>

つまり体温がたった1度上がるだけで
免疫力は5倍から6倍も高くなること。

体温を上げることで、
人はストレスに強く、
病気になりにくい健康な体を維持することができる。

 

こんな魅力がある体温アップ!!
体温が上がる事によって、免疫など上がると
分かってしまったら

今日から温活せずにはいられませんね。
冬場は寒いので自然と意識できますが
夏場のエヤコンなどでの隠れ冷え性も注意です!!

冷え性は女性だけでしょという男性も
一度ご自身の体温を測ってみて
体調との関連性も認識してみると面白いと思います。

体温は、重要な健康ファクターです!!

※重炭酸入浴剤の話を私が院内でするので
仲野整体東京青山で購入できるようにしてほしいと
多数ご要望あり現在限定で患者さん用にご用意させていただいております。

姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家(R)仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です