2017-03-20

椎間板ヘルニアと言われた時にするべき3つのこと。


このブログは
3つ以上が揃った方のために書きました。

・病院でMRIの検査を行いヘルニアと診断された方
・診断されたが、手術は今すぐ必要ないとされている方
・痺れや痛みが、消えたり、楽になったりする姿勢がある方
・リハビリ等で様子を見ようと言われている方
・痛み止めだけ処方されている方

病院で診断された時
途方に暮れて検索させているかもしれません。

「自分の場合は
結局何をしたらいいのか??」

と探したくなるかもしれません。

椎間板ヘルニアにも、原因があります。

<結論>
それは、今までの人生で腰に対する使い方が
まずかったからです。

したがって、自分自身の体の使い方を
マネージメントしなおさなければいけません。

今回の痛みが数ヶ月で
その場でしのぎで軽減していっても再び痛みに襲われます。

使い方を変えることで
一番大切なことは座り方を直すこと。

これを変えない限りは治りません。

そのあとで、
関節の可動域を取り戻せる”ところまで”取り戻すことが大切です。

”ところまで”というのは、

すでに骨が変形している場合、完全に元には戻せません。

しかし、悪い使い方をしていれば
さらに悪化します。

例えば、L4ーL5 腰椎の四番目、腰椎の五番目
であった
軟骨が潰れて、潰れているように
MRIで画像がみえると診断されたケースでは。

この関節に負担をかけないように
治療を行うことが
本来の回復を早く行う治療方法です。

これには、
関節の可動域を取り戻すことができる
治療家の力を借りなければいません。

もし、すぐに
難しければ
正しい腰の使い方を身につけることが大切です。

座り方を行うために何をするべきか

1)背伸びをする
2)歩くこと
3)環境を見直す

1)背伸びをする
私の書籍にほぼ、記載してあります。
が背伸びをすることで、正しい姿勢になります。
そのままの上半身で座ることが大切です。

 

2)歩くこと
これは、同じ姿勢でいることは人間にとっては自然ではありません。
30分に一度は姿勢を変えましょう。
もっとも体にとって
正しい姿勢を取り戻しやすいのは、ゆっくり歩くことです。
姿勢良く歩くのですが
痛みで、動けない場合は、動けるようになってからでも構いません。


3)環境を見直す
座っていた椅子やソファー
骨盤が立つような座り方でなく、腰を丸めてしまいやすい
椅子やソファーではありませんか?もし、正しい座り方ができないようであれば、
ぜひ、この機会に買い替えもしくは、
処分することをお勧めします。”勿体無い”と思う方は、椅子やソファーの価格以上に
自分の人生には価値があることを
思い出しましょう。

痛みや痺れが出ないだけでなく、将来にわたって
動ける。歩ける年数が増える可能性しかありません。

今であれば、人生を変えれますよ。

姿勢が変わると人生が変わる

姿勢治療家
仲野孝明

 

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です