2017-11-14

トレイル下りの膝の痛みはなぜでるか?


トレイルにて下りで膝の痛みはなぜでるか?
答えてみようと
思いましたが、簡単に終わらないので
概要だけ。

トレイルの下りで考えられるのは2点
1)構造的問題
2)技術的問題

1)構造的問題
かなり多くのケースがありますが、良くある一例をあげておきます。

・ランの足先のフォームが外旋位外側に向いている
・股関節の屈曲あり姿勢が悪い(股関節の伸展がしずらい)
・背中の円背があり姿勢が悪い(猫背がひどいケース)
・肩甲骨の外旋位がつよい。(なで肩の姿勢)
・膝の完全伸展ができていない
・足関節の可動制限
・足指関節の可動制限
・四頭筋の短縮
・ハムストリングの伸展制限
・腰椎の可動範囲制限
・肩甲骨の可動範囲制限

などなど、ほんの一部です。

すべて複合的に絡み合ってきますので
簡単には分析できません。
※もちろん個別相談は分析可能です。

2)技術的問題
・接地時間が長い→短く素早く
・接地を体の中心で行えていない
・反射低下
・視力低下
・体幹が弱い→体幹が少ないと、足を動かすための全身につながらない

これも体の動きを検査してからで
あれば、なにが足らないかがわかります。

もちろん、ポイントは姿勢です。

姿勢と体幹も密接な関係があります。

片足で立っていることで、支えているのは
体幹力があるからです。

この体幹を最小のエネルギーで最大に発揮させることも姿勢の
なせる技です。

 

細かく
伝えて行きたいところですが
まずは、ここまで。
また、ブログにしていきたいと思います。

もし、早く知りたい。。。
自分の体はどうなっているのか?

なんで怪我を繰り返すのか知りたい
と思われる方は、
初診でお越しいただければ

体の現状の課題・将来への不安点
やるべきことなど
明確にしてお伝えします。

姿勢が変わると人生が変わる。
姿勢治療家(R)仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です