2018-04-02

【再発】膝を軽く曲げた時の痛み 膝の外側後面


今朝は友人の救急専門医2名が作った
・困ったときにどこに行ったらいいかわからない
・そんなでもないが困っている
そんな方をサポートするアージェントケア クリニックのオープンお祝いに伺ってきました。
ロコクリニック中目黒

近隣の方、ぜひ、覚えておいて損はありません。

その後久々の皇居ランに。

しかし、花見と皇居の一般公開や、日比谷東京ミッドタウンのオープンと
人が多くすぎて、ほとんど走れません。

青山→三宅坂→桜田門→日比谷→竹橋→九段下→麹町→三宅坂→桜田門→三宅坂→赤坂見附→四谷→信濃町
→東京体育館

と軽く走りながら移動しました。
17km
その後、プールにクールダウンで400m

2018年8月に久々に
エントリーしたアイアンマン完走のため練習です。

しかし、さすがに練習不足というか
練習なしで走ることが悪いのか、体に不安な要素が沢山走ります。

14km頃から、左のふくらはぎの外側違和感が出現。
膝の軽い屈曲で締付けられるような嫌な感じがあります。

明らかに、神経繊維が挟まれており痛みがでているような状況。

プールでクールダウンするものの
キックでもあんまり良くないため400mで終了しました。

一番の痛みは、階段の登りや下りがNG
膝関節軽度屈曲位時の足関節の底屈での痛みがテキメンです。

2月の沖縄合宿の自転車であった、あの嫌な痛みでした。

ヒラメ筋の下を通る、総腓骨神経が締め付けられるようにな違和感です。

軽く曲げた時に締め付けられるような痛み、ゆっくり伸ばす時に締め付けられうような痛み。

この場所です。

ランニングでよくある
痛み鵞足炎や、膝蓋骨炎、膝の内側の痛みとは
違います。

先程の違和感があった部位の下には
ヒラメ筋、腓腹筋、膝窩筋が関連していそうな部位です。
腓腹筋を外してみます。

こちらがヒラメ筋。
主な作用は、足の底屈つまり足を下げること。
踵を上げるときにも使います。

私の弱点の左臀部からの関連もあります。

昔の骨折のリハビリとして
バランストレーニング スクワットなど、コーディネーションを少しやらなければ。。。

と反省しています。

大会本番まで残り140日。

練習しなすぎです!と妻から一言。
「素人でも分かる練習不足」と言われました。

次のガッツリ練習は、4月15日ー4月17日の沖縄合宿
その時までに、

スイム 10km 2000×5
バイク 100km 20km×5
ランニング 10km 5km×2

ぐらいやりたいと思います。

こんな、ペースで
アイアンマントライアスロンまで行けるのか?

不安を感じています。(笑)

姿勢が変わると人生が変わる。
姿勢治療家(R) 仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です