2017-08-19

姿勢治療家(R)的、寝具のオススメは?


ポッドキャストをお聞きになって頂いている
Nさまより
ご質問をいただきました。

>仲野先生から見ておすすめのマットレスブランドはありますか?
>ここ数年、背中腰にハリを感じるようになり、マッサージに行ったり、
>ストレッチポールを使って、改善を試みているのですが、なかなか効果が出ず、
>最近になってマットレスに原因があるように思えてきました。
>すでに7-8年使用しているもので、凹みも若干出ており、替え時と考えています。
>某大手家具ブランドの手頃なマットレスですが、今後の身体のメンテンナンスのために
>10万円〜20万円くらいの高級マットレスに買い換えたいと考えています。
>おすすめがあれば、是非とも教えてください。宜しくお願い致します。

 


答えからお伝えすると。

日本国内であれば
オススメは、5000円程度のお布団です。

量販メーカーの
○トリさんなどで、羊毛と合わせになっているものをオススメしています。

・全国で手に入りやすい
・硬いさが適度でよい。
・安価である

その際に気をつけてほしいことがあります。

決して、マットレスは、購入しないでください。

布団の下に引くマットレスは
いりません。

人間の体は硬い所で寝れる状態が
そもそも健康な状態です。

タタミの上や絨毯の上でも
寝れます。

姿勢治療家の視点としては
寝返りをしやすい寝具ほど
良い商品と考えています。

就寝中の寝返りこそ、
姿勢の観点から、とても大切な動作だからです。

寝返りは、一日使っていた体を
ゆまがないように予防したり、日中の歪みを矯正したりしています。

つまり、
無意識に行っている

若返りストレッチのようなものです。
柔らかいベット上に包まれるような寝具では、
寝返りができません。

・寝返りを打たずに


キャッチコピーに載っていたら要注意です。

寝返りができないことは、
日中の悪い体の使い方をそのまま
起床時まで、そのまま
形状記憶しているようなものです。

月日がたてば立つほど、
日中の姿勢を伸ばすことができず、
どんどん大切な可動範囲を狭く悪くしています。

背骨の可動範囲が減少し、気づいた時には、硬い布団では寝れないほど
関節の機能が低下しまっています。

”床で大の字で寝ることが難しい”

もしも、そう感じる場合は
寝返りができない体になってきています。
お気をつけくださいね。
実際に診療でお伝えするは

・直接、床や絨毯の上に布団をひく

・畳やスノコになっているベットを使用する

「布団 ベット」
で検索すると
スノコタイプのベットや、畳タイプのベットが多数出てくるかと思います。

高級感があるものが少ないかもしれませんが
シーツのグレードを上げるだけで
ベットと見栄えも変わりません。

 

寝具に関しては、書籍でもお伝えさせていただいていただいて
います。

45万円のベットより5000円の布団の方がいい。
(第二章P99・・・長く健康でより)


もしも、起床時に背中や腰
にハリがある。

その際には、ぜひ
寝具を変更し、
こちらの体操を行なってください。

P118の股関節ストレッチ。
別名プロポーズストレッチを行なってみてください。

個別にお話が聞きたい、もっと
効率よく改善したい方などは
ぜひ、
予約が難しいかもしれませんが
ぜひ、治療に起こしください。

驚くべき変化があるかと思います。

遠方の方には、連続通院プランなどもありますよ。

姿勢を見直す時は、人生を見直すときである。
姿勢治療家(R) 創設者
仲野孝明

再編集
2018年7月31日

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメント1件

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です