2017-08-19

【シュラフの基準】睡眠の質が、翌日のパフォーマンスにつながる


睡眠は、健康を考えた時に
大切な6つの要素の1つと考えています。

睡眠の質が、翌日の体の質につながるからです。

アウトドアでも、睡眠はもちろん大切です。
シュラフは、寝袋といい睡眠の質に直結します。
でも、その重さを自分で運ばなければいけないとなるとまた別物になってきます。(笑)

アタカマ砂漠での気温は
5度。
0度対応のシュラフを持参してくださいと。
レギュレーションに記載されていました。

the FINAL EQUIPMENT LIST

SLEEPING BAG rated to 5°C / 41°F

It is very important that you adhere to this temperature rating for your sleeping bag.
The nights in the Atacama Desert do get cold so you will need this warmth.
We actually recommend that you have a sleeping bag that is rated down to 0°C / 32°F
but the mandatory requirement is only down to 5°C / 41°F.

5度でもいいですが。。。0度をオススメします。と

0度を購入しようかと思いますが
悩みは、今
5度対応のシュラフを持っていることです。

シュラフの基準の1つに
EN13537(ヨーロピアンノーム)という基準があります。

コンフォート:成人女性が寒さを感じずに寝れる温度域
リミット:男性が寝袋の中で丸くなり8時間寝ることができる温度域
エクストリーム:一般的な女性が、膝を抱え込み6時間耐えられるかの温度。

私のもっているのは

ダウンハガー900#5
【重量】367g(387g)
【収納サイズ】φ12×24cm(2.2L)
【リミット温度】5℃
【コンフォート温度】10℃
【エクストリーム温度】-8℃

モンベルダウンハガー900#3
0度対応だと。

【重量】516g(540g)
【収納サイズ】φ13×26cm(2.8L)
【リミット温度】-2℃
【コンフォート温度】3℃
【エクストリーム温度】-18℃

買い直そうかと悩んでします。

大会のコースを考えると
初めが標高3,200m
その後は、2,700mクラスまで降りるようなので
気温は少し暖かくなりそうですが。。。


初日が耐えられれば、後は
可能性があります。

対策
1)中に温かいものを着る。
2)シュラフカバー
3)インナーシーツを使用する
4)軽量かつ高性能のシュラフを買い増しする。

もう少し、検討してみます。
日本メーカー3社
岐阜県伊吹市のナンガ
大阪のイスカ
大阪のモンベル
などもう少しアンテナ張って調べてみます!

いろいろご存知のかた
ぜひご教授ください。

姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家(R)仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です