2018-05-03

車に乗った時の痛めないポイントをご紹介


【運転中の車をみると、ついつい姿勢を見てしまう件】

車に乗っている皆さんへ
ヘッドピースに頭が付いていますか??
運転中も、腰を深く座ることが大切です。
私は、ランニング中でも、普段信号で止まった時についつい
通っている車を見てしまいます。

車も好きなので車種はもちろん。
運転手が男性女性か?
シートと頭の位置。
肩から体のシルエット。
ヘッドピースと頭との距離。

など
を瞬時に見て
姿勢をチェックしていました。

車に乗った時のポイントは
頭の位置です。

もちろん、腰の位置は大切なのですが
外からわからないため

ヘッドレストと頭の関係で
正しく座れているかを推測しています。(笑)

車種によって
さまざなシートの設計がありまはずです。

長距離が楽
街乗りが楽

などなど。

座りやすい運転シートがもちろんいいのですが
どんなシートでも

オフィスワークの椅子同様
坐骨で座ることは、
椅子の基本です。

長時間の運転では、
腰に痛みを出す方は、とにかく深く座ることを
やってみてくださいね。

車種や車の外装と運転している方の姿勢も
面白いですよ。

体を見直す時間は、人生を見直す時間です。
姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家®仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です