2020-09-15

2020年9月_”呼吸”振り返り


毎週一回配信しているメルマガより
シェアさせていただきます。今週は、呼吸から。
メルマガ登録はこちら

メルマガ登録

 

今週の振り返りは、”呼吸”。

1週間での”呼吸”に関する気づいた学びを、お伝えするコーナーです。
現代人に増えている”口呼吸”私も心当たりがあり、少しでも改善できるかと、また舌の運動を始めました。
1)口を閉じて、唇と歯茎の間に舌を入れます。
2)歯の表面をこするように、ぐるっと回します。
3)左右それぞれゆっくり5回転。
慣れれば、早くしていきます。


Photo by Juliana Tanchak on Unsplash

たったこれだけです。
日経新聞の記事で、あいうべ体操で有名な福岡市未来クリニックの今井先生の記事を拝見し始めました。
人間の体には、2つの呼吸の仕方があります。
鼻呼吸が通常ですが、マスクをしていることで、口呼吸が増えているそうです。
鼻呼吸ができている目安があります。
上顎に舌がついている状態とのこと。
自分の口腔内を意識した時
舌が、上顎についている感覚がないと、舌が下がっており口呼吸になっています。
口呼吸のままですと、人間本来の防御機能が低下しています。
鼻呼吸には、素晴らしい防御機能が働いています。
加温・加湿が備わった、空気清浄機のように例えられることもあるぐらいです。
鼻から吸った空気は、鼻腔で温められ加湿され肺に送られます。
鼻毛や粘膜で、ホコリや細菌やウィルスといった異物も取り除かれます。
口呼吸では、そのままのため、コロナ時期にも大切な防御機能が半減します。
ぜひ、心あたりがある方はご一緒に
舌回し体操やりましょう!!
たった、五回の左右回しですが、使っていない筋肉を使っているので、舌の付け根などになんとも表現しづらい疲れがありますよ。
マスクをしていると、人目を気にしないで行いやすいでのでぜひ!
呼吸に関して
私の点数は、5点満点中5点でした。
ご自身の点数はいかがでしたか?


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です