2017-05-09

気功から学んだ背伸びの大切さ


気功を通じて学んだ大切な“背伸びの意識”についてお話します。

禅の世界には「調身・調息・調心」という言葉があります。
調身は形、調息は呼吸、調心は心です。

9割方大切なのが調身なのだ、と以前先、禅寺の和尚さんに教えていただきました。
つまり「第一に姿勢を整えてから、呼吸を整えよう。そうすれば、自然と心がいい方向へ導かれる」という意味です。

姿勢治療家(R)HEADOFFICEである
仲野整體東京青山の臨床で、実感した出来事が先日ありました。

来院した27歳の男性は、就職7年目。背中が曲がり、おなかが前に突き出た、
典型的な猫背でした。日常的に何かにもたれ、背中を曲げている状態を一目でお見受けしました。

お話をうかがうと、腰痛や肩こりもさることながら、そのルックスを職場でからかわれるのも密かな悩みのようでした。

そこで骨格治療に加えて、生活の見直しと“背伸びの意識”を指導します。
壁を背にして、かかと・ふくらはぎ・お尻・肩・頭の5点がつくようにまっすぐ正しく立ちます。
その時に、身長を測る時のように、顎を引いて頭のてっぺんを上にあげます。

その感覚をいつもさまざまな生活の時に意識してもらっていました。歩く時はもちろんですが、
電車に乗った時、椅子から立った時など、日常生活で意識をしてもらうことを習慣にしていきました。

すると……4カ月後、10回目の来院時には体重68kg→59kg、体脂肪 25%→17%と大幅減少。
しかも体の基礎代謝量は増えていました。

痛みの改善はもちろん、猫背をからかわれることもなくなったとのこと。
表情も、別人のように明るくなりました。まさに、体の使い方が変わり、彼は人生を変えることに成功したそんな瞬間でした!

良い姿勢での体の使い方を意識させるために、
心を整えるために、背伸び意識が有効だったと言えます。

背伸びの動作の意識が最もすぐれていることは“正しい体の本来のポジションをすぐに思い出せること“ができることです。
筋肉がゆるみ、血行がよくなり、自律神経のバランスが整います。
呼吸もしやすくなり、酸素をたくさん取り込むことで、様々な体の機能が活性化します。

みなさんもぜひやってみて下さい。
身長を測るような気持ちで背伸びを意識するだけです。
背伸びという「形」で姿勢が良くなることこそが重要なのです。
この気づきがよい姿勢を保つ力となり(身)、人は変われる(心)のです!

姿勢治療家(R)仲野孝明

この記事は姿勢治療家(R) 仲野孝明が連載している
【NPO法人心とからだ研究会機関紙】へ掲載したものを再編集したものです

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です