2017-04-21

【PODCAST質問より】扁平骨盤、そり腰、将来の出産対策は?



またまた、ご質問ありがとうございます。
最近は特に
質問がたくさんいただくようになってきました。

7歳のお子様をもつ、お母様からの質問でした。
以下。

>Q:姿勢や体についてラジオへ質問:
>私は40歳主婦です。
>30歳で初産の時、お医者さんに、そり腰で、扁平骨盤と言われました。
>無事出産したものの、かなりきついお産でした。
>子供も大きくなり、自分の体の健康に注目できるようになり、
>仲野先生のこのラジオや、本を参考に、背伸びをしたり、ここ3ヶ月くらい、
>一日1時間から2時間はウオーキングやサイクリングするなどして体をほぐし、
>かなり姿勢も気をつけるようになりました。
>最近は関節も柔らかくなり、左右の歪みも取れてきているのを感じます。
>ありがとうございます。
>しかし、体を横から鏡で見ると、やはりそり腰が気になります。
>そり腰は生まれつきなのでしょうか?治しにくいのでしょうか。
>7歳の娘もそり腰なので、まだ先のことですが、出産が大変なのでは、
>と心配になります。効果的な戻し方があったら教えてください。

>あと、サハラ砂漠マラソンの時に被っている帽子、
>どこに売っているのか差し支えなければ教えてください。
>毎日ウオーキングやサイクリングをする時に、どうしても日焼けしてしまうので、
>いいなあと思いました。
>どうぞよろしくお願いします。

A:
出産対策のご質問ありがとうございます。

お子様の不安は、たくさんの対策がありますので
ご安心ください。
何と言っても、7歳ですから!

成長期に、運動をすることをお勧めします。
3歳〜14歳は
ゴールデンエイジといい
運動能力が開花する時期です
この時期に、ぜひ
水泳でも、格闘技でも、バレエでも構いません。
成長期の運動は、一生の運動能力を開花させます。

運動の楽しみを身につけれられると心配しなくても
適度な運動ができていた体であれば、安心して出産できるはずです。

扁平骨盤、少し調べてみましたところ
日本産婦人科学会の発表によると現代は
減少傾向にあるようです。全体の8%とのことでした。

現在の一日1時間も運動できる習慣は本当に素晴らしいと思います。
ぜひ、そのまま続けて見てください。

一緒にお子様と書籍の柔軟をされるのも
とってもいいと思います。

あくまで予測ですが
ご出産された頃の30歳は、今のような生活でなく 運動が少なかったのではないでしょうか? デスクワークが多く、車での移動だけ。など。。。
歩かない状況だと、骨盤周囲でだけなく、筋力の低下、可動範囲の低下があるので 出産時に苦戦することが多いです。

最後に
サハラのこちらの帽子は

写真のキャップは、
こちらで売っていますが、輸入になってしまいます。
https://goo.gl/4n5XPg

同じではありませんが
同様の目的の帽子は
サハラハット、サハラキャップと検索
していただくと
さまざなものが販売させております。ご参考まで。

引き続き、ご指導ご鞭撻、ご贔屓ほどいただければ幸いです。
ありがとうございました!

姿勢が変わると人生が変わる。

姿勢治療家®️ 創始者

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です