2017-05-05

ウルトラマラソン中に行うと復活する4つのリカバリーメンテナンス法


チャレンジ富士五湖71キロウルトラマラソン2017
いよいよスタートラインへ。

前泊した宿で、4時半起床。
テーピングを巻きその後5時出発。
家族を置いたまま 車で会場から離れた指定の駐車場(北嶺駐車場へ)

バスで5分ほどで、大会メイン会場へ。
荷物を預けたりします。

大会は、118キロ、100キロがメインなので
少し人数少なめで
さみしい感じはあるものの無事にスタート。

長丁場なので
ゆっくり走り始め と自分に言い聞かせています。

大会が 前回のサハラ砂漠以来1年ぶり
感覚は、完全に初心者です。
久々すぎて、おせえようにも、どうしてもペースが上がってしまいました。

心拍をチェックすると 160後半。

まずいと思いながら 気にしない方法に切り替えました。

※帰宅後、ガーミンでチェックすると
なんと。4分30秒〜5分30秒

71キロにとっては、なんとかリズムを取り直し
第一関門であった関門②富士北嶺公園上を9.8キロ

キロ6分。

目標だった、 27.5キロまでは、ほぼキロ6分〜6分半で。

かなり上出来でした。

途中118キロを挑戦されているザックさんと
一緒に走れペースが安定しました。

私は10キロ〜20キロの間
この時点で、ザックさんは40キロ〜50キロの間。

全く辛さが違うはずでしたが 一緒に走れて良かったです!


もともとは、こんな計画でした。
もし必要な方があれば。。。
ご参考に。

フジチャレンジタイム予想表20170423(エクセル)
足和田出張所・関門③
27.5km 10:45

が目標でした。

この後急に、71キロは、関門がゆるくなります。
しっかり私のメンタルもそれにあわせて
ペースダウンと、なってしまいました。

気持ちは正直です。(笑)

どんどんリズムはペースは 落ちてきます。

辛くなったので、もういいやと
少し寝ようかと
思い切って
56.7キロで、大の字になりセルフメンテナンスを開始!

【大会中のリカバリーメンテナンス法】

1)ウエストポーチ等荷物を一旦 置きます。
※靴は履きたくなくなると思い今回は、脱ぎませんでした。

2)硬めの床に大の字に

3)抱え込みから順番に 一つずつ、息をはきながら、1分ほど行います。

股関節の可動範囲を取り戻すため
抱え込みを基本に

股関節の可動範囲
下肢の血行を戻すイメージです。

詳しくは こちら↓↓↓
(私の書籍にも詳しくあります。http://takaakinakano.com/book_tukarenai/

 

1)ひざ抱え込みストレッチ(書籍疲れない姿勢:P104)

 

2)あぐら前屈ストレッチ(書籍疲れない姿勢:P108)

 

 

3)座り前屈ストレッチ(書籍:疲れない姿勢p110)

 

4)股関節ストレッチ(書籍:疲れない姿勢p118)

 

この体操で 完全復活。(笑)

かなり、足が軽くなり走りを取り戻せるようになりました。

後半は坂が多いので 歩く箇所もありましたが

この富士山が綺麗に見えるのと 絶好の天気、そして家族の応援もあり、なんとか完走できました。

最後は、余力がほとんど無いままゴール。

 

中足骨が骨折の後なんとか 復活できました。

筋肉群は、まだまだ中足骨をかばっていた箇所で
可動が甘いことがわかりましたので
これから、トレーニングと筋肉筋膜治療をスタッフにも
おねがいしようと思います。

 

タイムは

10時時間23分59秒

制限時間内に完走を目標でしたので
満足な結果でした。

富士山と、桜そして、天気がよかったこともあり。
とてもいい思い出になりました。

翌日は、上り階段が登りにくい
少しロボットのような状態でした。
無理やり、トレーニングを再開し

次なるトレーニングは2,017年5月の恐羅漢トレイルに。

姿勢が変わると人生が変わる
姿勢治療家(R)
仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です