2017-05-04

練習月間30キロ以下で、ウルトラマラソンを完走する際に行なっていたこと。


久々にロングを走る練習をしました。
サハラを2016年4月に走ってから、ほとんど走れていません。

2016年9月の第五中足骨骨折から
完全荷重が可能な時期が冬だったこともあり、どうも
外で走ることから、足が遠ざかっていました。

2月、3月、4月と
月間走行距離は30キロ。
しかも、ルームランナーでの距離も加味してです。。。(^^:

アタカマ砂漠マラソン2017年10月に向け
練習不足対策として
エントリーしていたのがこちらの大会。

第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン71キロ

骨折の治療中にエントリーしていました。

リハビリ大会として
エントリー当時は、118キロに。
しかし、2017年に入ってから、練習不足と
関門がかなり厳しいことがわかり
71キロに変更。

そんな甘えも正直で、どうも練習時間を確保できていませんでした。

毎週一回90分の
ワークアウトは継続して最低限の練習としています。

その他で、行なったのは
唯一の練習したが、低酸素ランニングトレーニング(3000m強)。

低酸素ルーム内での
バイクや、ランニング、クロストレーニングです。

一回70分。
3月から週に一回。
その時は7キロほど、
トレイルランナーでもある宮崎トレーナーのもと走りました。

その時にメニューはこちら。
13.8という酸素濃度で、おおよそ3500m相当です。

 

10分間 時速10キロ 傾斜0% 酸素濃度 78% 呼吸を意識して84%へ
11分間 時速9キロ 傾斜5% 酸素濃度 80% 呼吸を意識して84%へ
4分間 時速7キロ 傾斜5%  酸素濃度 78%

とそんなふうに読みます。

途中で、
指にはめるSPO2
パルスオキシメーターで
血中酸素濃度をはかりながらのランニングです。

こちらで
お世話になっています。

ビルドアップやタバタ式など
自分1人では、やりたくなくなる練習をサポートしていただきました。
チャレンジ富士五湖が近づいてきて
思い出したのですが
よく考えたら、人生で2度目のウルトラでした。

一回目は、サロマ湖を50キロでタイムアウト。
2回目が今回です。

サハラ砂漠マラソンに
行った後から距離感覚がどうも狂ってしまったようです。

練習不足も練習なので
3つのポイントで乗り切ろうと思っていました。

1)姿勢
2)準備(テーピング)
これだけで練習不足が補える!マメ対策テーピング法!!
http://takaakinakano.com/foot_blisters/

3)大会中の回復ケア

今回のコースは、

河口湖→西湖→精進湖を回ってくるで71キロのコースです。

過酷ですが、
姿勢がいいとなんでもできる!!

と大会に参加当日を迎えました。

続く。。。

姿勢治療家(R)
仲野孝明

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です