2017-07-05

姿勢治療ってどんな方がみえますか??


よく頂く質問ですので
現在の状況をお答えしたいと思います。

姿勢治療の現在の傾向(※2017年6月現在)

平日(8:00〜16:00)と
土曜日(8:00〜16:00)及び夜(16:00〜19:00)大きく層が変わります。

現在、夜の診療及び、土曜日の初診診療は
2ヶ月~3ヶ月先まで埋まっておりご予約が大変難しくなってきております。。。
※ご迷惑お掛けしております!!すいません。

<平日>
中小会社役員
スペシャリスト(医師・歯科医師・弁護士・会計士・歌手・俳優・作家等)
ビジネスパーソン(平日休み・有給・フレックス等使用)
専業主婦
リタイアメント

※主に時間調整を自分でできる方が多いです。
※診療開始後、初めは、通院を短く通ったほうが効果的なため
有給を使用する方や早朝にお越しになる方が多いです。

<土曜日・夜>
会社員
スペシャリスト(弁護士・会計士・医師等)
大企業役員
ビジネスパーソン

※平日は仕事で特にメンテナンスを中心にした
定期処置の方が多い傾向があります。

 

 

<ご来院の方の共通点>
・しっかり治したい。
・より自分の使い方を学びたい。
・根本的に対処したい。

 

 

<来院の方ベスト3>
ベスト3
40代 女性
体調の変化がでてきており、なんとか改善したい。
痛みが繰り返していることを避けたい。
このまま年を重ねる怖さがあるので根本的に治したい。
長年の不調を抱えて、改善のために。

ベスト2
30代 男性
姿勢を気にしたり、根本的なケアの大切さを理解したのでしっかり治したい。
パーソナルトレーニングを始める前にしっかり治したい。
このままではまずいと危機感を感じている。
人生=時間なので、無駄な時間を無くしたいので効率よく通院したい。
このまま走り続けられないと感じてきた。

ベスト1
40代 男性
スポーツとして行っているゴルフが伸び悩む。
体に限界を感じる。
トレーナーからいつも指摘させるもののなかなか思い通りに動かない。
ランニングで定期的に痛めてしまう
いつかフルマラソン・トライアスロンをやってみたい。
いい仕事をしていきたい。
一生仕事ができる体を手に入れたい。
疲れない体を手に入れたい。

<現在の通院から見られる傾向>

20代会社員 4回〜6回 を短期間(2ヶ月以内)で急速な改善が見られます。
その後通院を1ヶ月に1回まであけることも多いです。

30代経営者 2ヶ月治療で、ゴルフスコアー大幅改善
短期集中で早朝の8時を1週間に2回通院することで
一気に改善されました。
現在1週間に1回の通院で 細かい可動制限部分を治療中

40代経営者 4ヶ月 体調改善
1週間に1回 1ヶ月で基本を見につけ
その後、診療課題を改善のために、2週間に一回通院をする

30代経営者 2ヶ月 腰痛改善
東京出張時に連続治療。 2泊3日などで3日連続治療。
その後、1ヶ月に状況時に集中治療。
2回の繰り返しで、体調大幅に改善する。

30代経営者@シンガポール在住 2ヶ月 腰痛改善
東京出張時に連続治療。 6泊7日などで集中的に連続治療。
その後、1ヶ月後に上京時に集中治療。
2回の繰り返しで、体調大幅に改善する。
診療時間も、一回30分〜90分とそのスケジュールに応じて臨機応変に対応。

50代経営者 腰痛がひどい時に来院
痛みが収まってから、しっかり1週間に1回の通院を4回行い
基本の姿勢や体の使い方を身につける。
腰の不安感は改善されるものの、可動範囲の軽減があるため
そのための改善に2週間に1回の通院を行う。

60代経営者 改善に時間がかかるため、ゆっくりと改善プラン
1週間に1回で、毎回日々の課題の見直しと治療を行う。
変化はあるものの、長年の人生で体の歴史があるために
時間がかかる傾向があります。
歩行時にスピードが上がる、若返ったと言ってもらるなど
人生まだまだ、やりたいことができると感じてもらえるケースが多いです。

<まとめ>

姿勢治療は、
若ければ若いほど早く改善が見込めます。

毎日の正しい体の使い方から習得し、
将来痛めないための技術を身につける。

そのための時間だと思って頂く方が多いです。

幼稚園から介護保険を使用するまで。
つまり、健康寿命の期間内がベストです。

ぜひ、
より豊な人生を歩める姿勢治療をアタナの人生に。

姿勢が変わると人生が変わる。

姿勢治療家®
仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です