2017-05-31

第2回ひろしま恐羅漢トレイルin安芸太田から学んだ3つのこと_その3


恐羅漢トレイルから学んだことの続きですが
第2回ひろしま恐羅漢トレイルin安芸太田から学んだ3つのこと_その1
第2回ひろしま恐羅漢トレイルin安芸太田から学んだ3つのこと_その2
でも盛り上がりすぎました。

3つのうち、2つ目を。

1)トレランのエキスパートコースは安易に申し込まないこと。
2)下りの練習をする
3)靴のフィッティングをしっかりと。

<下りの練習をする>

自分ごとですが、
平地のトレイルや、軽い下りのトレイルはものすごく気持ちよく走れます。

問題は、上り以上に、下りでした。

少し急になると、怖さもあるのですが急におりにくくなります。

特に、少しスラロームっぽくおりなければ行けない下りの部分。

始めは、さほど問題無く降りることができるのですが
無駄な力が入っているためか次第に膝が笑い始めます。

まさに、笑う感覚です。
力を入れすぎていて筋肉が動けない感じでした。

Aループはよかったのですが
Bループは、角度がキツイこともあり下りも歩行ペース。
今回の大会は、
Aループはストックを使用しませんでした。
違いを感じたいことと荷物を減らしたいことで。

Bループでストックを使用しましたが
以前のトレイルでは上りも課題にあったのですが
より、下りが深刻なので今回からテーマを下りとして。
次にトレイルを走るときまで研究したいと思います。

1)トレランのエキスパートコースは安易に申し込まないこと。
2)下りの練習をする
3)靴のフィッティングをしっかりと。

<靴のフィッティングをしっかりと>
2サイズほど大きめにしていました。
なので、 急な上り下りで、ブレが多く 踵の痛みや、全体の遊びがあるため
もう少し工夫が必要そうでした。

トレイルが急なときは、トレイル用の靴の 方が良さそうです。

靴の中での遊びが非常に気になりました。

今回はワラーチでなく ALTRA TORIN2.5

 

より、しっかり足にあった
靴を履いてトレイルの練習をしてみたいと思います。

ワラーチを以前使用している時は
やはり下りで少しすべる不安がありましたが。。。

まだ、まだ未知の部分がありそうで楽しみです。

引き続きトレイル練習も進めていきたいと思います。

 

 

<<<<大会まであと124日>>>>
2017年10月1日start
世界一過酷で標高が高い大会
世界一星空がキレイな大会
1週間自給自足大会
着るもの、寝るもの、食べるものすべて自分でもつ大会
7DAYS,250KM,FOOTRACE@チリ
まで
残り18週、124日。

楽しみながら頑張っていきたいと思います!

姿勢が良ければなんでもできる!

姿勢治療家(R) 仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です