2022-06-17

ケト体質へゆったり変更中_途中経過報告


脂肪燃焼体質をめざし、ブレスケトンメーターを毎朝計測している姿勢治療家の仲野孝明です。

ブレスケトンメーターは、中性脂肪を燃焼させる体質かが簡単にわかる機器です。

メーターを使い始めて約1.5ヶ月。
使用前の4月と比較してみました。


体重 71.5kg→69.3kg
体脂肪率 18.9%→16.6%

筋肉量は減らさずに、体脂肪だけ落とせてきています。現在の効果はこんな感じです!

ケトンメーターは、脂肪燃焼する時に発生されている”アセトン”を計測します。

これを起床時にすぐに、20秒で立ち上がり、10秒息を吐くこと。
たったこれだけでわかります。

血をとったり、尿検査も入りません。

目的は、あくまで健康的な体脂肪を燃やせる身体でいるかの自己認識チェックです。
2022年中性脂肪が多いことが、人体に悪影響を与えることがわかってきています。

関連ブログ
http://takaakinakano.com/keto_meter/

私のブレスケトンメーター計測の目的

・今の脂質燃焼状態を知ること
・体脂肪率を下げること。(目標15%)

・可脂質異常(LDLコレステロールの軽減・中性脂肪の軽減)

私は血液検査を行い始めた時から、中性脂肪が高く、LDLコレステロールが高い傾向があります。
・LDLコレステロールが高い
・中性脂肪が高い
この傾向があります。

健康診断等の医師のアドバイスとして頂くのは
運動を増やすこと。
食事生活の乱れ。
が原因とされてます。

ですが、長年2つとも改善できないほど良好です。
家族因子とも言われています。

数値値を実際にみせると
コレステロールを下げる薬を処方したくなる医師も多いかもしれません。

そこで一つの仮説をからこの実験を始めました。

中性脂肪が貯まる原因

血糖値が上がることです。
血糖値スパイクを起こすことで、中性脂肪が溜まります。
これは、血糖値が高い値になった時に余分なエネルギーを身体に溜め込むことをするからです。
この仕事をするのがインシュリンです。
(血糖値を下げるホルモンと言われてきましたが、血糖値が高くしているブドウ糖を肝臓に取り込むホルモンと認識が近年変わってきました。)

インシュリンスパイクとは、血糖値が急激に上がると、インシュリンは、血糖値が上がっていた原因の糖を脂肪として格納します。
インシュリンスパイクを起こすことで、中性脂肪を肝臓に、肝臓がいっぱいだと、筋肉や心臓や臓器にまで脂肪を溜めていきます。
その結果、常に血糖値が高い状態が続き糖尿病になります。

この状態が、2022年現在では、さまざな病気の原因になっていると研究発表されています。

末梢神経障害・・・感覚が消えたり痛みが出たりする
アテローム性動脈硬化・・・脂肪が血管の内壁に付着する
心疾患・・・心筋の一部が壊死する
脳梗塞・・・
末梢血管疾患・・・血流が流れなくなる
アルツハイマー病・・・認知症を第3の糖尿病とも言われ始める。
がん
脂肪性肝疾患・・・肝臓の肥大

などなど。

だとすると、
血糖値スパイクが起きる食生活を、子供の頃から行っていたら。。。

・食事はダラダラ食べずに、早く食べること
・フライドポテトが好き

人生を振り返ると、血糖値スパイクを好んでいる時期がありました。

この時期から、中性脂肪がお腹にあった記憶があります。(小学4年生ぐらいかな〜)
夏のキャンプでの一コマですが。笑

0歳〜4歳までの間、父が、LAのカイロプラクティック大学留学のため、一緒に渡米しています。
1973年〜1977年、幼少期の生活環境の影響で、今でも、ハンバーガー・アボカド・ピクルス・ポテトフライが、本能的に大好きです。笑
現在はあまり食べませんが。。。笑

子供頃に、肝臓が一杯になって、コレステロールが高い状態のまま。

私の子供の頃、父に言われていたのは
・男たるもの早く食べること
・コメを残すな
・食器を食べたら下げる

昭和な感じですが、こんな家で育ちました。
早く食事を済ますことが美徳とされていたこともあり、脂質を溜め込みやすい生活でした。

その後は、野菜を先に食べたり、血糖値コントロールの知識が身についたので、現在はそんなことは行いません。

人生の中で、完全に
【脂質優先の身体になったことがない。】

脂質優先なら、自分の脂質を使い、体脂肪を下げられるはずと進めています。

中性脂肪を使うには

糖質を摂らないこと。
以上になります。
糖質を摂らないことで、肝臓に蓄えられている脂肪が使われて、無くなったことがわかると。
エネルギー源として、脂質を使い始めます。

その際に、筋肉を落とさないために、タンパク質をしっかりと取っておくことが大切です。

三大栄養素の
炭水化物・タンパク質・脂質
で炭水化物だけ減らします。

そのため、タンパク質や脂質は食べる量が増えてきます。

この食事方法を
ケトジェニックといい、”ケトン体を使うのに適した食事”と理解するとわかりやすいです。

ケトジェニック食生活

野菜とタンパク質を多めです。
腸内環境を良くすることもとても大切です。

納豆や甘酒などもよく頂いています。

ブレスケトンメーターを使うのに最も適した時間

息を計測するため、小さな影響を受けやすくなっています。

正確に計測できない状況
・歯を磨いた30分以内
・喫煙後30分以内
・飲み物を飲む1時間以内
・食べた1時間以内

計測の1時間は変化がない状況が正確になります。
一番、正確な結果を得るのにベストは、起床直後です。

現在、毎朝の計測から、前日の食生活に一喜一憂しながら見直しています。

ブレスケトンメーター表示される数値に関して

ブレスケトンメーターは、0〜99 PPMのブレスアセトンを検出できます。
0.0-1.9ppm(ケトーシスなし):がんばりましょう!
2.0-3.9ppm(初期段階のケトーシス):もう少しで変わり始めます!
4.0-9.9ppm(軽いケトーシス):動き出してます
10-39ppm( 安定した脂肪燃焼ゾーン)
40-59ppm(注意-高ケトーシス)
60-99ppm(ケトアシドーシス)

私はこちらの商品を使っています。

 

 

現代の食生活に関する印象と注意点

食事を考えた時に、糖質はとても簡単で便利な原材料です。
うどん、ラーメン、パスタ、ごはん。

毎日簡単に外食でも自宅でも食べることができますし、手頃です。

人間は、ATPというエネルギー源を利用して活動しています。
この活動エネルギーを作り出すときに2つの原材料があります。

糖質と脂質です。

この時に、短時間にエネルギーにできるのが糖質です。

便利な糖質が多いことは問題ではありません。
糖質を食べすぎて、血糖値が上がり、中性脂肪を蓄えて、その結果体重増加になったり、病気の原因になってきている事実がわかってきています。
・糖尿病
・認知症
・うつ
糖質が多い食生活が原因とも言われています。

もちろん反論する論文や、さまざな問題定義を訴えかける方が出てくると思います。
ですが、
”火のないところに煙は立たず”と私は考えています。

人間そのもの創り出すことは、人類にはできません。
700万年もの間、生きてきていることすら歴史は曲げられるので、事実はわかりません。
しかし、少しでも未来の子供達のためにも、人類のために役立つことを残していくことが役割だと思っています。

私は、食事をできる選択していきたいと考えています。

食事で商品を購入するのも、社会への投票です。
環境にも人間にも良い食品が残ってほしいです。

現代の食生活で、糖質が多くなっていること。
正確には、精製された糖質を口にすることがこの50年で増えてしまっていること。

この事実に気がついたので、体脂肪を戻すと同時に
一旦、ケト体質にしてみて、それから糖質を取り入れるハイブリッド生活にしていきたいと考えています。

Facebookや、臨床で多くの方に聞かれてたので現在の方向性をまとめてみました。

i
※wikipediaより
The Doctor of the future will give no medicine but will interest his patient in the care of the human frame ,in diet ,and in the cause and prevention of disease.
(Thomas Alva Edison 1847-1931  )
将来の医者は、薬を使わずに、人間の骨格構造・栄養・病気の原因と予防に注意を向けることになるだろう

姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家
仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■動画学習講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構

■姿勢作法検定入門講座|姿勢は作法である
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。