2018-03-26

日帰り大腸内視鏡検査、体験してきました!!


内視鏡検査を初めて体験しました。

大腸には
40歳以上で2人に1人ポリープができている事実。
ご存知ですか?

ポリープは置いておくと癌化するといわれています。

癌が起きる好発部位は、空洞部分
温度が少し下がりやすい食道、胃、小腸、大腸、膀胱、等の空洞部分。
空洞のマネージメントは癌対策にとっても大切です。

今回の検査は、
循環器内科の先生のご紹介で
検査を受けさせて頂くことになりました。

・食道・胃・十二指腸内視鏡検査
・大腸内視鏡検査

人間ドックではないので検査の際に問題があれば、すぐに処置してもらえること。

その上、その日に、処置を受け帰宅できると
とっても忙しい方に優しい医院です。
しかも、日曜日診療の日もありました。

そんな患者さんへの思いが伝わってくる
赤坂内視鏡クリニックの中村先生に拝見していただきました。

本日10時30分の病院到着。

景色は、とっても良く
山王パークタワーの目の前です。

ここから
10分に一回200mlのペースで下剤を飲みます。。(笑)

初めて飲む味で、いろいろまずいとか脅されましたがが。。。

飲んでみたら。美味しい!!

砂漠の時に飲んでいた、デキストリン+OS1と比べれば
味が洗練させていました。

そんなことを思い出しながら

準備のためのエネルギーをとりながら
トイレに往復すること数回。


初めの1200mlまではまったく問題なかったものの
その後は、お腹が少し張ったりしながら

2時間経過で検査準備完了状態に。

私は、初めてなので、待合室での飲むことをお願いしましたが
自宅が近いかたなどは、自宅で飲み準備してから来院することの可能だそうです。

その後、検査着に着替えをして準備します。

13:00頃、腹部のエコーからスタート
腎臓に少し7mmの袋状のものがみられるものの問題なし。
肝臓・腎臓・胆嚢・膵臓をチェックOKでした。

その後、胃大腸の検査のため別室へ。
静脈麻酔でしたので、その後は記憶なく。
気づいたら、点滴がついていた状態でした。

看護師さんから止血剤を点滴しているので、少し休んでからとのことでした。

16:30
着替えの後、先生より説明がありました。

胃と大腸の組織を採ったとのこと。

このプリントで説明していただきました。
父が、ピロリ菌がいたため
少々気にはしていましたが、
まさかの

・咽頭部分 中咽頭後壁や右下咽頭梨状陥凹部分に炎症多発
・逆流性食道炎
・びらん性胃炎
・多発性胃過形成ポリープ
・胃潰瘍瘢痕
・バレット食道
などなど、わかりました。

生検していただくとで、次回1ヶ月後に再診となりました。

<大腸検査>

・良性のポリープが2箇所ありました。
平面隆起型が下行結腸部分とS状結腸の手前にあったとのこと。
こちらは、
その場で、コールドポリペクトミー(高周波電極で焼き切る方法)だったそうです。

今後は、1年後に検診とのことでした。

<知らなかったので調べたこと>
NBI観察 細かい血管がよりみえるに強調して行う観察方法 OK
逆流性食道炎の初期がみられる。 グレードM

※本当の初期でした。
グレードを調べると(N正常→M→A→B→C→D)と進みます。

梨状陥凹部分に炎症多発。とのことで、部位がわからないため調べてみました。


笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室さま>よりお借りしました。
なんでここに炎症が多発しているのか??
これだけが疑問が残ります。次回お聞きしてみようと思います。

処方していただいた薬

タケキャブ:食道の症状の改善
ムコスタ:胃の粘膜保護
私は、通常まず薬を飲みません。

今回は内視鏡検査から
処方されたので期間の間使用してみようと思います。
また、症状もこちらに報告しています。

飲む前に調べるのは副作用

ネット検索では
副作用として便秘、下痢、腹部膨満感、吐き気、発疹、むくみなど、
参考URL
診療の日にOfficeにいったら改めてこんな書籍で調べ直します。

ひとまず、検査をしてよかったというのが現在の感想です。

40歳以上で、内視鏡検査をしたことがない方
一度はぜひ!

帰りに待合室の書籍のラックをチラッと覗くとうれしいことに
私の著書「背伸び本」がありました!


ありがとうございました!

体を見直す時間は、人生を見直す時間です。
姿勢が変わると、人生が変わる。

姿勢治療家(R)仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です