2017-06-28

首の痛みの原因は、首ではありません。


姿勢治療家®の仲野孝明です。

姿勢治療家®は、
過去を治療し、正しい体の使い方を身につけてもらい
今日より明日
より豊な人生へと変える仕事です。

すべての人の姿勢に、いままでの物語があります。

本日の物語
昭和40年生まれの、現在51歳の女性会社員
会社合併何度も繰り返してきた証券業界勤務

2年ほど前から急に
肩の痛みや、首の痛みが強くなる。

日常に痛みがあり、
特に肩を動かすときには肩の痛みが出現
50肩かと思うほどで、首の筋がピリピリとなってきており。
腰の痛みも出現することが増えてきた。

会社のそばで整形外科に行くものの
リハビリや、温める治療を受けるものの
根本的には、姿勢を変えなければと
さまざな情報を調べながら確信する。

「姿勢 治療」で検索し
「9割の体調不良は、姿勢でよくなる」
を読んで頂き来院。

 

<初診時主訴2017.3>
2015年7月から悪化してきた。
首から肩にかけて
肩の痛み
背中のこり
背中の痛み
お腹の張り
腰の痛み

<運動歴>
学生時代は卓球をしていたもの
就職してからは、多忙。
もともと運動はそんなに好きでないためなし。

<初診から10回目>
2017年3月から6月までの間
115日の間に、
10回の治療を行いました。

10回目の治療時
残っていた症状は
※首のこわばりが残ること。
その他
肩の痛み なし
背中のこり なし
背中の痛み なし
お腹の張り なし
腰の痛み なし

<原因>
もともと、座り方が悪く
片側に横座りの習慣がありました。
そのため、骨盤を正しい位置で使うための
自宅でできるセルフメンテナンスを9回で指導し
治療などを重ねてきました。

そして、残っているのが
首のこわばり。

この症状は、
2年前に一番始めに気になっていた
箇所とのこと。

とにかく基本の
腰部の治療やメンテナンスを中心に行なっていたため
首に関しては、まだ
指導方法を行なっていなかったため。

<今回10回目にお伝えした内容と判断>
診療させて頂くと、僧帽筋の緊張がありました。
でも首の痛みと訴えられています。

この原因は実は、
「首でないんですよ」とお伝えしました。

 

肩甲骨を率いる肩関節つまり
上腕骨(腕の骨)、肩甲骨(背中の骨)、鎖骨
この3つの動きの低下です。

なので、
一緒に使い方をお伝えしました。

<肩回しストレッチ>
※治療と並行して行う自宅でできるセルフメンテナンス一例

 

次回11回目2週間後にお会いするのが楽しみです。

姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家(R) 仲野孝明
本日の臨床より


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です