2018-10-31

睡眠の質を高める、たった2つのポイント!!


5年後、10年後の人生を考えることができる
すべての人へ。

6HEALTH(健康の6つの要素):6ヘルス

【姿勢治療家Ⓡが考える健康の定義】
姿勢治療家Ⓡが考える健康とは、睡眠・食・運動・精神・呼吸・構造(姿勢)の6要素(6ヘルス)がバランスよく保たれている状態をいいます。

最新で実践できるコンテンツから今回は、【睡眠】のお話。

良質の睡眠を取るための方法
として、考える時にもっとも大切なことはなんでしょうか?

いつもお伝えしているのは
”就寝時間”をマネージメントすること。

そのために、日中から、睡眠をマネージメントすることが大切です。

1)就寝時間を決める。
2)睡眠を阻害する要素を取り除く

1)就寝時間を決める
そのためには、起床時間を決めること。7時間を確保できるように就寝時間を決めましょう。

朝6時なら22時就寝。朝7時なら23時就寝。といったように、バッファを加えて8時間で確保すること。

2)睡眠を阻害する2つの要素

要素は、あかり、香り、温度などありますが
その前に、事前にコントロールするべき必要があるのは、この2つ。

・カフェイン
・アルコール

この2つの摂取を気をつけることで、睡眠の質を明らかに上げることができます!!

カフェインは、13時以降とらないようにする。
遅くても15時までには取らないようにする。

眠くなりにくくしてしまいます。
私も、実験していて15時以降は飲まないようにしています。
どうしても飲みたい時は、デカフェ(カフェインレス)のコーヒーを選んでいます。
あまり、ディカフェは美味しくないので、やっぱり飲まなくてもいいか~と珈琲を入れるのを辞める時もあります。

よるカフェインを飲まないと翌朝に入れるコーヒーが、より一層美味しく感じます。

アルコールは、
寝る前に取ることで入眠効果が上がります。
しかし、睡眠時間が短くなり、深い睡眠を妨げるデータも出現しました。

就寝時間に近づけば近づくほど、量が増えれば増えるほど、アルコールは睡眠の妨げになります。

私は、乾杯のときからチェイサー(水)をいただくようにしています。

アルコール濃度は、水を飲むことで薄めることができます。

そのかわり、トイレに行く頻度が増えますが、ろ過するために必要な処置なので
諦めましょう(笑)。

お酒も飲むときには、ゆっくり味わいながら、丁寧にいただくようにしています。

睡眠不足は、寿命を削る。
睡眠不足は、肥満の原因。
睡眠不足は、判断力、集中力など仕事の質を下げます。

1930年代頃から指摘されているそうですよ。

ただ、個人的はカフェインもアルコールも好きなので
5年後10年後の人生のために
上手に付き合いながら、嗜んでいきたいと思います。

身体を見直す時間は、人生を見直す時間です。
姿勢が変わると、人生が変わる。

姿勢治療家Ⓡ仲野孝明

 


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です