2018-05-11

TTバイク・ロードバイクについて|2014年6月8日過去記事移植


TTバイクに、乗れない身体であることを
伝えられ、嬉しい反面少し
見直す機会を手に入れた姿勢治療家®の仲野孝明です。

TTバイクってご存知ですか?

トライアスロンや
タイムトライアルで乗るためのバイクです。

12月のアイアンマン絶対完走のため
180キロに向けて
思い切って購入しようと思っていました。

そのために考えた事。

姿勢を仕事にする以上プロフェッショナルな視点から

いまできるかぎり
最高の学びになる買い方をすること。

長距離を走る大会にチャレンジする方に
貢献できるように
私自身も知識をつけたい。
とこの数ヶ月いろいろ聞いていたことを
まとめると

2014年
現在の購入するとよい理由
(ネットやお店などで)

・アイアンマンは、バイクのパートが勝負を決める。
・海外のロングディスタンスのレースは9割が TTバイク。
・タイムをお金で買う
・フレーム>ホイール>コンポ の順番で大切

調べられる限り
現在バイク購入にあたりもっとも勉強になりそうだったのは
本場のロードレースに帯同されており
治療などもする
中野喜文さんの計測が一番魅力的でした。

経験的に
計測は、最終的には、経験値が一番の強みです。

大切にされているポイントや
いままでの自転車で感じている悩みなどを
頭の片隅に入れて伺いました。

新規購入なので、バイクをもっていくか
なやみましたが、念のため
今使っているロードバイクと
先日まで使っていたシートなど
一式持参。

<開始>

☆問診
自己紹介と
職業そして目的を伝えます。

※身体のプロとお話する際には
専門用語に対応できることと
私も質問がマニアックになるので、事前に
お伝えしています。

☆計測
身体の柔軟性をチェックします。
姿勢チェック
前屈チェック
ラセーグテスト
トーマステスト
足首の堅さ
挙上スクワット
挙上片足スクワット

私の場合は、この片足スクワットで
問題のきっかけが少し浮上しました。

まさかのトレンデンブルグ徴候(右足)
肋軟骨の開き

確かに、
今までのさまざなトレーンングでも
気づいていましたが。。。

やはり
ハムストリング
スクワット

に課題ありでした。

☆フィッティング

この後、待望のバイクフィット

3Dモーションキャプチャー

RETUL リトゥール でしっかりセットアップ!!

そのために
まずシートが大切との事。

現在、ほとんどの人に
この
シートを2種類から選び装着してもらっているという
最高傑作2つ。

フィジーク TRITONE

<最新テクノロジーから生まれた荷重分散に優れるパッドに「チャンネル(溝)・デザイン」を施して快適性とパフォーマンスの向上を図った、軽量なフィジーク初のノーズレスサドル。>

スペシャライズド SITERO

<人間工学に精通するエンジニアや博士、そしてボディージオメトリーの プロダクトチームが設計し、トップトライアスリートの幾度にも及ぶテ ストとフィードバックを経て誕生した新型トライアスロン専用サ ドル。>

この2つから
しっかり選び次に進む予定でした。

しかし・・・

人間工学を駆使したシートで
さまざまポジションを探します。

こいでも、こいでも、シートのOKがでません。

少し恥骨の
痛み感覚があることなどなど

恥骨>尿道の痛み>坐骨

で詳細な身体の感覚をお伝えしました。

「そんな感じですよね」

「おしりの動きがおさまりの感覚が、見ている中でまだ十分でない」

すかさずシートの
微調整が入ります。

中野さんの経験値から、すぐに
乗れていない事が分析。

あの手この手で
そして
さまざな角度から
調整するもののNG。

シートに乗れていなければ、バイクとしては使い物にならないとのこと!

その間30分~60分あったと思います。

最後に、

本来の正しい
ポジションでのシート感覚や、
TTバイクとしての
上半身の
乗り方の意味を教えてもらいました。

腑に落ちる感覚でした。

しかし、私の場合は
ポジションが合わないのです。

そして・・・・・

<結論>
TTバイクは無理です。

ロングディスタンスのポジションは

35キロを継続して走るための
自転車と考えること。

ステムが高めで
前方への体重加重が必修。

しかしそのポジションで
シートの収まりが悪いため
現在の身体では
TTバイクの良さを出せない。

だから、TTバイクは
使わないことにしましょうとのこと。

<私の課題>

骨盤の前傾が苦手なため、どうしてもシートの上で
しっかりと体重がささえられないため。

この理由を、
帰宅後分析してみました。

これは、
私の仕事の姿勢でした。

座って
日々の問診している姿勢や

治療している身体の使い方を
思い返すと

骨盤の後傾ポジションが
実は多かったことが判明。

左向きで仕事をしていることも。。。。

多くの方に伝えている
正しい姿勢を
まだまだ
自分ができないことを再確認。

※克服するべき課題が明確になりましたので、
克服して行きます!

※中野さんも、大変興味深い症例とのことで
今後も追いかけていきたいとの嬉しい言葉をいただきました。
ありがとうございます!

そして、

この時点で

<ロードバイクでアイアンマンへ行く事が決定>

すぐに
ロードバイクでセッティングを割り出します。

私の
マニアックなシートも、中野さんの目に留まりました。
※先日ネットでさがした
ウイスコンシン製の
タイタニコ

シートが少し後ろに下げる
ハンドルをより上げる。

などなど、
モーションキャプチャーの数字と

中野さん視覚的チェックから
どんどん変わります。

結果かなりの初心者ポジションに
逆もどりしました。

上が、Before
下が、after

実感としては、無理して乗っている感覚から
街乗り自転車に変わる感覚でした。

数字のうらずけは
こんか感じです。

今後の課題

現在のセッティングは
85%

切ってしまった
フロントフォークコラム
を戻すか

ロードバイクのフレーム選び

フレームスタック550㎜以上
フレームリーチが373㎜を超えない

とのこと。

 

姿勢の道は、奥が深い。

2014年6月8日に作成した記事です。
折をみバージョンアップしようと思います!!

体を見直す時間は、人生を見直す時間です。
姿勢が変わると、人生が変わる。

姿勢治療家®仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です