2019-11-22

2つの呼吸


人生100年時代に向け 姿勢治療家(R)が考える《健康》を構成する大切な6つ。
シックスヘルス 【骨格構造】【睡眠】【食事】【運動】【呼吸】【精神

その呼吸について。

呼吸には、腹式呼吸と胸式呼吸の2つがあります。

腹式呼吸は、横隔膜を利用したお腹が膨らむ呼吸です。
胸式呼吸は、肋間筋を利用した胸を膨らませる呼吸です。
この2つは、通常用と非常用に分かれています。
通常呼吸は、腹式呼吸がベストです。
しかし、過度に緊張した時などには、無意識に胸式呼吸になりやすい傾向があります。
・肩をすくめる習慣がある。
・肩に力が入ってしまう。
・肩が内巻きでデスクワークを行なっている。
そのような方は、筋肉を緊張させ、肩こりをひどく感じたり、頭痛を引き起こす原因となっていることもあります。
背伸びをするだけでなく、腹式呼吸も行うことで正しい姿勢も取り戻せます。
私も仕事中に、呼吸を伝えながら意識的に腹式呼吸を行なっています。
この6週間を振り返ると、診療中に特に腹式呼吸を生かしたブレーシングエクササイズをお伝えすることが多かったです。
日常生活で、ついつい体幹部分を意識できない方が多く、改めて呼吸の大切さから、体幹を利用する方法が大切だと感じたからです。
ブレーシングエクササイズは、
口から細く長く息を吐くことで、お腹を固めるエクササイズです。
口から息を細く吐いてみてください。
息を吐いた時に絞られる感覚は、ありますか?
この感覚が、姿勢を保持する上でとても大切な腹横筋です。
腹横筋を絞るように、息を吐くことでお腹が締まる感覚が分かればバッチリです。
app 【Muscle System Pro3】より
こんな呼吸を最近お伝えしていました。
理解できない分かりにくい
実際にできない方はぜひご来院の際にお尋ねください。
実践、習慣になるようにお伝えさせていただきます。
姿勢治療家(R)
仲野孝明

本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です