2017-04-05

【Podcast質問より】読書をするときに大切な2つのポイントと10のバリエーション


M.N様
ポッドキャストご質問ありがとうございます。

>仲野先生、毎週楽しみに聴いています。
>著書も拝読し、姿勢について随分意識が変わってきて、
>ちょっとした瞬間に背伸びすることが楽しい毎日です。

嬉しいお言葉
ありがとうございます!

>質問させて頂きたいことは、「読書の際の姿勢」についてです。
>本を読むことが多いのですが、どうしても「手が前に出て、頭が前に出る」姿勢になってしまいます。
>仲野先生はどのように工夫されていますでしょうか。
>同様に、字を書く際も、どうしても前傾してしまい、肩こり・首の痛みを繰り返してしまいます。
>なにかヒントがあれば教えてください。(M.N)

読書の姿勢はどの書籍にも載せていませんでした。(笑)
見つけて頂きありがとうございます。

私も
手が出て頭が前に出てしまっていることもあります。

実は、個人的に旬はあるのですが
どれも決定的なものがありません。

point
1)目線の高さで読むことをなるべく意識しています。
2)30分で場所や姿勢を変えましょう
こんな感じで10バリエーションがありました。

・机の椅子で座って、肘をついて本を持って読む
・リクライニングチェアーで、胸にクッションを置き(抱き)、手肘をその上に載せて読む
・頭を支えることができる大きめの椅子に、もたれて読む
・背もたれがない椅子では、壁にちかずき、壁に頭をもたれかけて読む
・書見台をつかう

・スタンディングデスク+書見台をつかう
・ペーパーレスにして、大画面のPCでキンドルで読む。
・ソファーに真横になって読む
・部屋の中を歩きながら読む
・うつ伏せで背中を反らせながら本を床に置いて読む

あとは
今までの姿勢でどうしても
背中の円背がありそうです。

ポールストレッチなどを行われると良いかと思います。

お役にたてれば幸いです。

引き続き仲野孝明「姿勢が変わると、人生が変わる。」PODCASTラジオも視聴ください!!

<ラジオの聴き方が良く分からない方>
http://senakano.jp/radio/download.html

<iTunes、iPhone、iPad、iPodのAppleユーザーの方>
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zi-shiga-bianwaruto-ren-shengga/id1119065593?m

姿勢をみなす時間は、人生を見直す時間である。
姿勢治療家
仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です