2022-09-16

【継続中】体重減少からベストに変わってきている、糖質控えめ食生活


体重増加に関する食事の問題は、多くの方が気にしていることだと、改めて感じる姿勢治療家の仲野孝明です。

「最近仲野先生ケト生活は続いてますか?」

と尋ねられます。

もちろん、継続してます。

48歳9ヶ月にして、人生で一番体調がいいのかもしれないと感じてます。
UTMB(8月の大会)の後に、通常生活に戻そうと思ったのですがせっかく調子がいいので、そのまま継続します。

今続いている私の食生活ルール
・1日16時間空腹時間をあける(夜からお昼まではできるだけ食べない)
・お昼は、少なくおつまみ程度。炭水化物は野菜のみ。
・間食にナッツは、無制限で気にしない。
・夜は、お酒も甘いものもOK(焼酎・ウイスキー・ワイン少々・アイスクリームあり)
・炭水化物は、控えめに。いただく時はご褒美として。週3回程度
・発酵食品を多めに(納豆・キムチ・甘酒)

平日の診療がある時は、基本お弁当です。

時間帯は13時〜15時までの間で頂いています。
量は、15cm×15cm×深さ8cm ほどのジップロック便用箱

3日分です
ブロッコリー・にんじん・ひじき
魚のすり身・鶏肉・糸蒟蒻

鶏肉・ごぼう・ミートボール・ピーマン・糸蒟蒻

豚肉のやさいため・ブロッコリー・大根・鶏肉

夕食は18時〜20時の間で。

サラダや野菜炒め・納豆・豆腐
と、植物性のタンパク質も多めに摂っています。

エビのすり身
カキフライ
アボカド
柴崎納豆(これが美味しいんですよね)
レンコン
なます

鳥のだし汁

かれいの煮付け
お豆腐
卵とにんじんの・・なんとか。

 

とこんな形で、体重も順調に安定してきています。
あと、3kg程度でベストではないかと思ってます。
現在体脂肪が、15%前後。12%前後が僕の競技特性から楽なのではないかと考えてます。

今年1月には、74kgになることもあった体重も
9月現在は、67kg前後。
体脂肪率に関しては、21.6%から、15%前後まで落とせました。

食生活と運動のバランスを確認しながら進めていきます。
また、報告いたします。

僕の弱点は、お酒を飲んだ時なので機会を減らすことと。
飲んだ時は、素早く運動を入れることに。

食べすぎで、体重も脂肪も増えてしまうので、節度をもってコントロールしていきます。

姿勢治療家
仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■動画学習講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構

■姿勢作法検定入門講座|姿勢は作法である
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。