2020-07-18

MacBookPro 2020に変更したら、ワイヤレスキーボードがNGだった


電子機器にはあまり強くないですが、時間をかけたくないために同じ操作方法同じモデルを選択してしまっている姿勢治療家の仲野孝明です。

この4年はMacBookProを使っています。
気に入っているのは、プレゼン中に前のスライドに戻りやすいTouchBarです。

そんなMacがThunderbolt端子不良により、HDMI端子に接続できないトラブルが起こりました。
撮影収録に支障をきたすことから急遽
気づいたら4年使っていたMacBookPro2016からMacBookPro2020クアッドコアに変更しました。

それまで、
仕事場ではMagicKeyboard +MagicMouse
自宅では、WirelessKeyboard+MagicMouse

を使用していました。

新しいMacでなぜか、WirelessKeyboardを認識するけど接続できません。

繰り返してみたり、リセット、再起動してもダメでした。

ちょっと調べてみると同じ機種のままですが、
Bluetoothに変更があったことがわかりました。

新しいのが、Bluetooth5.0
古いのが、Bluetooth4.2

再起動・接続をはずしても認識できず。。。
これが原因かわかりませんが、どうもダメそうなので
新調することに。

下が2008年から変わっていなかったキーボード
さほど違いを感じませんが、厚みと重さが違いました。

特に改めて比較すると、軽くなるのがメリットですね。
外出時に、持参したくでも気持ち重いとついつい持って行きたくなくなります。

改めて持ってみると、軽く感じましたので比較してみました。

重さを比較してみました。
【319g】wirelessKeyboard A1314 +アルカリ電池単三2本

【228g】MagicKeyboard

iPhone 11 Pro Max 226gなので、ほぼ同じ重さですね。

MacBookPro2016のキーボード交換プログラム(リコール)に持っていく際に、お店で原因を聞いてみたいと思います。

備忘録まで。


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です