2020-03-18

猫背を治したい時、するべきたった1つの方法


 

なぜ、猫背を治すのが難しいのでしょう??

・胸を張る。
・背中を寄せる。
・猫背矯正ベルトをつけて生活する。
・ヨガで外らせるエクササイズを重点的に行う。
・ストレッチポールを使う。

多くの方が
「その時は、意識できるが継続してできない」と
おっしゃいます。

よくある3つのケースはこちら。

・姿勢の大切さは分かっているが”できない!”
・本やネットで勉強したが継続できない。
・昔からだから無理だと思っている。

猫背にも
原因があり、結果があります。

原因をはっきり伝えます!!
猫背になる環境が、今の世の中だからです。

だったら無理と思わないでください。
その中でも大切なのは。。。

猫背が治らない、一番大切なことは、
正しい座り方を知らないからです。

人間は、立つようにできています。
なので、立ってカラダを使うこと。
もしくは、カラダの構造を理解して使うしか方法がありません。

ご興味ある方は、詳しくは、私の拙著をご参考になさってください。

 

 

私は、姿勢治療家(R)です。

社会的環境、年齢、性別、スポーツなど、同じ人は一人もいません。
大正15年から94年間も無く、95年。
180万人以上4代で治療してきました。

その間で時代が大きく変わってきました。
第一次産業から、第二次産業、第三次産業と変わってきました。
そして今、コロナショックで次なる時代が幕開けしそうです。

猫背は、見た目が悪いという問題ではありません。
背中の張りや、だるさなども、カラダにとって危険なシグナルです。

このブログで一つだけ伝えたいこと。
猫背を改善するなら、座り方を直しなさい。

さもないと、あなたは、
動けない介護生活に向かって時間を過ごしています。

私の仕事は姿勢治療家として
出会う方の一人一人が、史上最高の自分になれるようにサポートすることを生業にしています。

例えばこんなことをしています。

・頭痛がひどい。
・背中がだるかった。
・仕事に集中できない。
・20年以上運動する人生を考えていなかった。

そんな方が、適切な治療と共にご自身のステージが上がり、
走れる人生になった。

そんな、「姿勢が変わり、人生が変わった」と言われる嬉しい臨床をさせていただいています。

猫背やカラダの調子が悪いことを改善するのは
決して難しいことではありません。
一人一人の人生に合わせた
疲れないカラダの使い方を個別に指導し、一緒に改善して行けば変わってきます

腰痛から脱却することをサポートすること。
砂漠マラソンに参加する方をサポートすること。
などもあります。

 

どなたでも、自分史上最強を目指すことは、難しくはありません。

今からできる
 PDCAサイクルを一緒に回して目標達成に向き合っていくだけです。
(現状テスト→治療→使い方指導→日々の実践→現状テスト)

・カラダの治療
・筋肉関節の治療

など、世界最良の技術と実践で効果のあるものを提供します。

でも大切なのは、
日々の生活での使い方です。

その日常生活で自分のカラダを一人一人が自信を持って実践していくこと
だと確信しています。

今の日本、世界の現状は、とにかく”正しいカラダの使い方”が
実践しづらい状況なのです。

猫背だけでなく、
日々の姿勢が身につきにくのは3つボトルネック

1)仕事環境が悪い。

2)姿勢がいい人が少ないこと。

3)正しい姿勢が、楽でないこと。

 


1)仕事環境が悪い。

・常時ノートPCを会社で使用している
・社内の環境を変えることができない。
・自宅でも姿勢を悪くする環境(ソファーやベット)である。
・ノートPCを会社で支給されており、そのまま使わなければいけない。

まず、社内で環境整備をしている部署に
以下の3つを問い合わせてください。(リモートワーク時代は、自らの自宅を同様に対策してください)

1)外部モニターを使いたい
2)外付けキーボードをつけたい
3)デスクトップPCにしたい

多く医療機関や大学の研究により
ノートPCを1時間以上使用すると、姿勢に悪影響を及ぼすことがわかってきました。

もしも、11インチのノートPCであれば
かなり体調不良につながっています。

私は、
自宅では、27インチ+Macbook 13インチ
オフィスでは、20.7インチ+Macbook 13インチ
を使用しています。

・作業効率がアップするだけでなく、首への負担が大幅に軽減します
・画面の広さは、机の広さと言われています。
・体調を気にしている時より生産性が32%高まります。

とにかく毎日の環境を良くしましょう。

2)姿勢がいい人が少ないこと

・姿勢を良くすると、メンバーより浮いてしまう。
・ついつい、相手に合わせて話をしていると同じ姿勢になってしまう。

 

一般的な会社や組織では、姿勢が悪い方が多いのです。
先日もこんな方がみえました。

「入社してから、日々肩首がこってきているなぁと感じていました。
最近、特に背中のハリがきつくなりました」(23歳男性)

書籍は読みましたが、なかなか板につかず。。。
自分だけ姿勢よく、背伸びもできずで。。。

目が疲れやすくなり
耳鳴りが始まってきて
もう自分の手では無理だと来院されました。

人間の体には、脳から首を通り背骨の中に
脊髄に神経が通っています。

その骨と骨の間から神経が抜けて
体の各場所に通っています。

しかし、
姿勢が悪く使っていることで
この間が潰すことになります。

その結果、狭くなり神経を圧迫することもあります。

今回の目の疲れが取れないのは
まさにその症状でした。

職場で姿勢が取れない。
そんな時も、周りに流されず、自分の体は自分で、マネージメントしましょう。

ご来院の方はしっかり、正しい姿勢を繰り返しサポートします。


3)正しい姿勢が楽でないこと。

正しい姿勢は、楽ではありません。
これだけは、理解してください。

あなたが37歳であれば、37年の使い方が染み込んでいます。

ですが、毎日意識して
正しい姿勢を、繰り返すことで、どんどん変わってきます。

年齢は関係ありません。
まずは、1時間に1回意識することから始めていきます。

続かなくても構いません。

続けることを習慣にしていけば

いつの間にかできるようになってきます。
まずは、”今この瞬間”から始めましょう!

正しい姿勢は、身に着けると、一生使うことができます。
自分で改善するけど、効率よく改善していきたい時。
今なら、姿勢治療家をぜひご活用ください。

いつまで、オープンで臨床するかは未定ですが、ご縁があった方には
目標達成を最短で行う、最高のサポートを行ってまいります。
健康で素敵な人生を歩めますように!!

姿勢を見直す時間は、人生を見直す時間である
姿勢治療家(R)仲野孝明

仲野孝明はどんな人?。
とりあえず情報が欲しい
そんな方は
メルマガポッドキャスト をご活用ください。


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です