2017-05-14

自然の時間感覚を取り戻す【睡眠と健康への姿勢VO.1】


昨夜はよくお休みなれましたか?

国民の5人に一人は、
睡眠で疲れが取れていないと感じているのをご存知でしたか?

現代人は、慢性的な睡眠不足だと言われています。

厚生労働省の最新の調査によると5人に一人は、
睡眠で疲れが取れていないと感じるそうです。

知らずのうちに、“体のパフォーマンス”をも、下げてしまっています。

もしも、日中に眠い。前日の疲労が翌日に残る。
そんな方はすでに、体調不良や効率低下を起こしているかもしれません。

いつまでも、若く健康に、そして人生を謳歌するにも、まずは、睡眠から見直してみませんか?

そんな時、一番の基本は、“太陽のサイクル”に立ち戻ることです。

そもそも現代のような社会となったのは、エジソンが電球を発明して普及してからの150年ほどのこと。

電気をパチッとできなかった時代には、“明るくなったら起き、暗くなったら寝る”しかなかったのです。

ぜひ、自然の時間感覚を取戻してみましょう。

平日に7時間半の理想睡眠を確保できていない、大半のビジネスパーソンのみなさま。
「どうにもならないよ~」というジレンマがおありかもしれませんが、
そんな生活が長期化すると、免疫力が下がり、体が見えない部分で壊れてきます。

心当たりがある方は、私が臨床でお伝えしており、とても簡単で評判がいい方法を試してみてください。

それは、1週間の真ん中の水曜日だけ、早めに就寝すること。

難しく考えずに、とにかく寝てみる。夜10時ごろに就寝できれば最高です。

木曜日の朝がびっくりするほど元気で、月曜日が2回来た感覚になれることでしょう。
週末に向かって、心身ともに持ちこたえられる実感があると思います。

ぜひ、今週から実践して見てください。

姿勢治療家(R)仲野孝明

この記事は姿勢治療家(R) 仲野孝明が連載している
【NPO法人心とからだ研究会機関紙】へ掲載したものを再編集したものです。

>>>
追伸(2018.07.31)
1966年〜2009年のアメリカ、日本、フィンランド、スイス、台湾、イギリスの
多くのリサーチデーターを調べ、総計130万人以上の男女を
対象に5年から25年の期間を調べたリサーチによると、
睡眠時間は長くても、短くても死亡率は上がると結論付けられました。

死亡率がいわゆるUの形になり、7時間を堺に時間が延びても、
減っても死亡率が上昇してしまいます。

私は、毎日、7時間の睡眠を取ることを逆算する生活をめざしています。
National Sleep Foundation より
https://sleepfoundation.org/


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です