2018-12-11

マラソン大会終了後|体のケア方法とご褒美ビールに関して。


2018横浜マラソンを走ってきたので
マラソン記事を追加します。

よく患者さんに聞かれること

Q:大会後の体のケア方法は、どうするといいですか?

健康の基本は、いつも6ヘルスです。
骨格構造 睡眠 食事 運動 精神 呼吸

<骨格構造>
間違いなく、ダメージを受けています。
ケアが大切です。

急性期の症状は、RICE処置が基本です。
ここは、姿勢治療家ではなく、
急性の外傷性疾患のスペシャリスト柔道整復師としての知識が一番役立ちます。

R:レスト  →安静
I:アイシング →冷やす
C:コンプレッション →圧迫
E:エレベーション →心臓より高くする

具体的には

・足を高く上げる
・温冷の交代浴をする
・圧迫する
・アイシングをする

修復させるには、血液循環を早くするしかありません。
血液循環を高める方法がベストです。

どこでもできる
オススメは、
足をあげて、足首を軽く動かすこと。

ホテルで、寝る場合は、
足元に枕を置いて、高くして寝るといいです。

仰向けで寝て
壁に足をあげて
もたれ掛かっているのも楽です。

私はこんなように足を上げていました。(笑)



大会でバックを受け取ります。

コンプレッションウエアーを着ている人は脱ぎたくなるはずですが
そのままが楽です。

私は、カフスリーブで走っています。
ですが、脱がずに
このまま、オーバーパンツを履いて帰宅します。

入浴後、ダメージによっては
コンプレッションウエアーを着ます。

足がツリそうだった場所
もしくは
足がツッた場所

この箇所は、筋肉にトラブルがあります。
筋肉腱等、筋へのメンテナンス治療が必要です。
スポーツ種目に強い先生にお世話になるのがよいです。
ベストな治療であれば、問題点があった状況が一回で半減します。
※古い傷は除く

注意事項
走って、ビールを飲むのは格別に美味しいです。
ただ、体には実はよくありません。

運動直後は、極度な脱水になっています。
私はたくさんの水を飲み
ビールを飲むことをしています。

ビールは、アルコール濃度が5%程度。
同じ量の水を飲めば、アルコール濃度が半分に。

運動で披露している肝臓に優しくしましょう!

食事の注意点
タンパク質をたくさん取りましょう。
回復にはタンパク質が必要です。

ゴール後に食事をする場所を確保しておくのもポイントです。

肉、魚、など運動後のタンパク質補給の食事も重要です。

身体を見直す時間は、人生を見直す時間です。
姿勢が変わると、人生が変わる。

姿勢治療家®仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です