2017-08-02

運動しないと31%寿命が短くなります!!


今月なんども登場する
私の弟でもあり、仲野整體ニューヨークの院長でもある仲野広倫著
世界の最新医学が証明した究極の疲れないカラダより

運動は、どれくらいするべきでしょうか??
一日、1万歩。
できていれば安心??

もっと、安心な基準がありました。

中強度の有酸素運動を150分 (無理しない程度)
全身をつかった筋トレを2回/週

 

31%死亡率を軽減させる方法です。

2015年のアメリカ疾病管理予防センターでは、リサーチによると
中程度の有酸素運動と中強度の有酸素運動を150分 (無理しない程度)
全身をつかった筋トレを2回/週で31%死亡率を軽減させることがわかりました。

21歳〜98歳までの
661137人を対象に14年の死亡率と運動量の関係を調べたデータです。

※アメリカ疾病管理予防センターの発表
“Leisure Time Physical Activity and Morrality.”JAMMA Internal Medicine 175.6(2015)

中程度というのは、こちらのスケール
REP 主観的運動強度
をつかうと、ややキツイ〜キツイのところです。
話をしながら運動するのが少しきつく感じる感じです。


※日本健康運動協会より

【運動】してますか??

大切なのはこの2つ。
1)中強度の有酸素運動を150分 (無理しない程度)
2)全身をつかった筋トレを2回/週

 

この量の3倍をこなした
1週間に450分。一日平均60分程度を行なった方は、39%死亡率が低下していました。

運動は多少多くても早死にはならないこともわかります。

ここまで事実がわかった時に
あなたは、どんな決断をされますか??

決断とは、現状を断ち切り、新しい未来を決めることです。
(アンソニー・ロビンス)


私はまず、1週間の運動量を思い出してみました。

2017年7月20日〜7月27日
現在は、アタカマ砂漠前ということもあり。
少し運動量が多くなっていました。

・木曜日 低酸素ルームにてランニング60分(3000m相当)
・日曜日 トレラン5時間
・月曜日 ジムトレーニング90分
・火曜日 ローラー台(自転車)60分
・水曜日 ローラー台(自転車)30分
・木曜日 ローラー台(自転車)30分 ラン30分

このブログをご覧になった方
ぜひ、今日から寿命を伸ばしていきましょう。

人生で今日が一番若い日です。

姿勢治療家(R)
仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です