2017-08-02

運動しないと31%寿命が短くなります!!


今月なんども登場する
私の弟でもあり、仲野整體ニューヨークの院長でもある仲野広倫著
世界の最新医学が証明した究極の疲れないカラダより

運動は、どれくらいするべきでしょうか??
一日、1万歩。
できていれば安心??

もっと、安心な基準がありました。

中強度の有酸素運動を150分 (無理しない程度)
全身をつかった筋トレを2回/週

 

31%死亡率を軽減させる方法です。

2015年のアメリカ疾病管理予防センターでは、リサーチによると
中程度の有酸素運動と中強度の有酸素運動を150分 (無理しない程度)
全身をつかった筋トレを2回/週で31%死亡率を軽減させることがわかりました。

21歳〜98歳までの
661137人を対象に14年の死亡率と運動量の関係を調べたデータです。

※アメリカ疾病管理予防センターの発表
“Leisure Time Physical Activity and Morrality.”JAMMA Internal Medicine 175.6(2015)

中程度というのは、こちらのスケール
REP 主観的運動強度
をつかうと、ややキツイ〜キツイのところです。
話をしながら運動するのが少しきつく感じる感じです。


※日本健康運動協会より

【運動】してますか??

大切なのはこの2つ。
1)中強度の有酸素運動を150分 (無理しない程度)
2)全身をつかった筋トレを2回/週

 

この量の3倍をこなした
1週間に450分。一日平均60分程度を行なった方は、39%死亡率が低下していました。

運動は多少多くても早死にはならないこともわかります。

ここまで事実がわかった時に
あなたは、どんな決断をされますか??

決断とは、現状を断ち切り、新しい未来を決めることです。
(アンソニー・ロビンス)


私はまず、1週間の運動量を思い出してみました。

2017年7月20日〜7月27日
現在は、アタカマ砂漠前ということもあり。
少し運動量が多くなっていました。

・木曜日 低酸素ルームにてランニング60分(3000m相当)
・日曜日 トレラン5時間
・月曜日 ジムトレーニング90分
・火曜日 ローラー台(自転車)60分
・水曜日 ローラー台(自転車)30分
・木曜日 ローラー台(自転車)30分 ラン30分

このブログをご覧になった方
ぜひ、今日から寿命を伸ばしていきましょう。

人生で今日が一番若い日です。

姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家(R)仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です