2020-04-17

【今こそ、背伸びの大切さ】COVID-19で診療中に感じていること。


2020年4月第1週に、ご来院された方々と話していて一番印象的だったのは、”自宅で生活が長くなると家庭内の人間関係が疲れてくる”との話題でした。
このご時世、奥様にも、ご主人様にも、子供にも、みんなが小さなストレス?を感じていることが多いようです。

この傾向は、どうやら世界でも同じようです。

今朝こんな新聞をみました。
【欧米は、犯罪が減ったが、家庭内暴が増えてきた】という新聞です。
自宅は、リラックスする空間になっていることが多いです。

特に長時間座っている環境では、背中が丸くなっている時間が長くなります。

その上、室内空間が広ければ良いのですが、日本の空間は比較的狭い空間です。
・集中して仕事をしているのに、横で寝っ転がってゲームをしている。。。
・仕事をしているから、飲み物を届けて上げなきゃ。
・普段は、1食だけだったのに。。。3食も作ることに。。。
そんな状況の上、カラダが動きにくくなっています。
座りぱなしだと、背骨の動きが悪いと脊髄神経の働きがよくありません。
背骨の可動範囲が低下し、自律神経を始めとする神経の働きも悪くなります。
目線が下がり、背中を丸くしている時間が長くなっていませんか?
長時間の下向きの目線は、危険です。
息が吸いにくくなるだけでなく、自立神経の働きがネガティブになります。
イライラしたり、ムカムカしたり。
そうなる前に思い切って”しっかり背伸び”をしてみてください。
1時間に1回背伸び。
今の時代こそ、本当に大切です。
背伸びだけで、これだけで姿勢が正せ、気分まで変わります。
背骨が正しい位置に戻り、目線が真っ直ぐに戻ります。
世界中で当たり前になってきているマインドフルネス”禅”
その中修行僧の所作に、”調身、調息、調心”があります。
その中で最も大切なのは、”調身”です。
これは、カラダを正しい位置に整えること。
整った状態で、呼吸を整える。
そうすれば、結果として心が調うという教えです。
調身、調息、調心
姿勢には、精神的な意味と構造的な意味があります。
姿勢を正すと、心も整います。
ぜひ、大切なご家族とコミニケーションをとる際に、”背伸び”をして、姿勢を整えて心も整えてから行うのはいかがでしょうか?
コロナは収束しますが、家族の人間関係は一生続きます。
人間関係を壊さないためにも、姿勢を正すことをお勧めいたします
今週、2020年3月末に、診療で感じた内容でした。

私の1週間の振り返り、姿勢構造は5点でした。

姿勢治療家
仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です