2019-06-21

第148回ラジオ配信|自分の体に合わない椅子の座り方


第148回 自分の体に合わない椅子の座り方

=======================

栃木県のリスナーさんから頂きましたご質問にお答えいたします。

<質問>

GW中の診断ありがとうございました。指導されたこと以外にも、その後、自分なりに様々な「こと」に気づくきっかけとなり、大変有意義な時間でした。
指導していただきました課題は毎日クリアし、車通勤から電車通勤(往復5km手ぶら徒歩)に切り替えるなど、生活習慣を変えることに決めました。
電車乗車中に、ふと窓から見えた夕陽で水面が光る田んぼとオレンジ色に染まる山々の風景に目を奪われ、思わず写真を撮っていました。
何気ない日常でも、心を動かされる出来事があると、充実を感じますね。 さて、質問です。映画館などで自分の体に合わない椅子(柔らかすぎたり、硬すぎたり、小さすぎたり)を長時間使用しなければならない時や飲み会の座敷での座り方は、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか?教えてください。
(骨盤を立てて座ることと、就寝中に寝返りを打つように時々体勢を変えること を意識することでしょうか?)

追伸
診断翌々日にはストレッチボードを入手し、職場用にエルゴトロンWorkFit-TL, 昇降デスクもどきを購入しました。ラジオへの感想:配信を楽しみにしています。
38歳で初めて動けなくなるほどのギックリ腰になり、首肩、腰痛の悪化に悩まされ「第135回やはり38歳からが分かれ道」が自分のことを言われているようで驚きました。
今までの「ながら聞き」では、ほとんど頭に入っていないことに気づき、改めて聞き直しをしています。

ラジオ内で回答させていただきました。
少しでもご視聴された方のお役にたてれば幸いです。

【成功する姿勢力】
体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

 

【姿勢治療家(R)仲野孝明 6冊目の著書となる新刊】
『調子いい! がずっとつづく カラダの使い方』(サンクチュアリ出版)
2019年7月5日全国書店発売・Amazon予約開始中!!
https://senakano.jp/books/good-condition/

 

【毎月土曜日講座開催】随時申し込み受付中
一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
詳しくは→https://senakano.jp/campaign/shisei-seminar/

 

仲野孝明公式ページ
http://takaakinakano.com/

 

===================

iPhone/iPad(Podcastアプリ)
https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1119065593
※podcast聴き方
https://support.apple.com/ja-jp/HT201859#listen

Android(Castboxアプリ)
https://goo.gl/px4d2L
※アプリをインストールされていない方はアプリ(無料)インストールをしてください。

Webより直接聴く
https://senakano.jp/category/radio/

仲野孝明メルマガ登録(無料)
http://takaakinakano.com/mail-register/

 


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です