2017-06-26

一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座


「疲れやすくなったなぁ」と感じたのは、何歳からですか?
その小さな不調が始まったのは、何年前ですか。

●すぐに疲れて、好きなスポーツを楽しめない。

●デスクワークの姿勢がつらくて、仕事がはかどらない。

●子どもをもっと抱っこしてあげたいのに、できない。

●どうも最近、体がだるい。

 

そういう感覚は、高校生のころの自分にもありましたか。
ここで一度、高校時代だった18歳の夏を思い出してみてください。

そのころ運動していた自分の体と、いまの体を比べてみて、ギャップを感じませんか?

□肩こりや腰痛がなかったな。集中力が下がったかも。

□冷え性がひどくなった。肩が重い。むくみやすくなったな。

□仕事で疲れて、休日は何もしなくなったな。

 

そんなふうに感じていますか?
慢性的なプチ不調だと、病院にいくほどではないと思ってそのままにしておく人がほとんどでしょう。

ましてや疲れやすさなど、老化のひとるだとあきらめてしまっているかもしれません。
しかし、小さな違和感は年齢と共にどんどん大きくなり、将来の深刻な病気や怪我につながってしまいます。

老化の曲がり角、それが38歳です。
あなたが18歳だったころから38歳までの20年間で、体の感覚にどれくらいギャップを感じますか?
その20年間での衰え方は、38歳以降何倍もの速度で進んでいきます。
体はどんどん疲れやすくなり、いまの不調が大きくなる一方です。

あなたは現在、おいくつですか?
このままの生活を続けた場合の、20年後の自分を想像してみてください。
ほとんどのかたが、将来に不安を抱えてしまうでしょう。

しかし、そんなことにならないための方法があります。
それが、「正しい姿勢をつくること」なのです。

 
姿勢は良くも悪くも、あなたの体に多大な影響をあたえます。
疲れやすさやプチ不調は、「正しい姿勢」で改善できます。その効果は絶大です。
一方、「悪い姿勢」は、あなたの不調をますます悪化させます。

肩こり、腰痛、慢性疲労、むくみや冷え症などの、ちょっとした体調不良。
これらマイナートラブル(故障とはいえない不具合)の99%は、
間違った生活習慣によって引き起こされます。

日々の習慣が悪い姿勢につながり、悪い姿勢が不調を促進させるのです。

 

小さな不調は、一生付き合っていく自分の体からのサイン。それをどうか、見逃さないでください。
そのサインにきちんと向き合えば、人生でもっとも元気だったころの自分に、もう一度戻ることができます。
そうやって何千、何万人のかたが、姿勢を、さらには人生を変えてきたのを目の当たりにしてきました。

 

だからこそ姿勢治療家(R)の私達は、
このことを一刻も早く、ひとりでも多くのかたにお伝えしたいのです。

 
20年後の自分と今の自分のギャップをなくすための、
姿勢のつくり方をお伝えする入門講座です。

 

それは、いまと20年前の体のギャップを埋める方法でもあります。
「姿勢なんて長年の癖なんだから、変えるのは相当苦労しそう」
「たかが姿勢で、体調が変わるなんて思えない」・・・・ときっとそう思われているでしょう。

正しいプロセスを踏めば、あなたの姿勢は必ず改善します。
姿勢が改善すれば、体調の変化を必ず実感できます。

 

ささいな不調で充実したプライベートをなくしてしまったり
仕事のパフォーマンスを下げてしまったりする人生に
サヨナラを告げましょう!!!!

講座申込み・詳細は↓↓↓↓↓↓
http://senakano.jp/seminar/?p=1084

 
一緒により豊かで、輝いた人生への扉を開きましょう。

姿勢治療家(R)仲野孝明

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です