2017-05-15

【砂漠レース対策】にむけた練習1つの方法:ウエイト/靴


アタカマ砂漠にむけた練習

いよいよ、
残り140日、20週となりました。

体重も増加気味。現在70kg
66−67kgに落として10月の本番を迎えたいと思っています。

丁寧にできることを
していきたいと思います。

本日は、休日で家族と一緒に
Run&Walk     17km。

まだ、2週間前に急遽追い込み過ぎて
出現した右の腓腹筋の上部外側の違和感があります。

本日は、
キネシオテーピングなしで タイツのみでしたが
やはり、3kmほどで違和感が始まりました。
しばらくテーピングは 必要そうです。

重さは、
アンクルウエイトを2種類 2.27kg を両足分と
1.13kg両足分
6.8kg

グレゴリーワサッチ でスタート。

アンクルウエイトはこんなものです。

こちらを、
バックパック内に入れるものと
足首に巻くのと 気分によって変えて使用します。

足に巻くとこんな感じです。

重くなれば
手に持つことで、ダンベルランニングのように

肩甲骨の動きと広背筋を意識して
走るトレーニングに変更します。

バックパックにすべて入れることも
もちろん可能です。

本日は、
渋谷→皇居→神保町→靖国神社→四谷→外苑→渋谷

買い物の荷物を加えて
最終的は
10kgほど背負っていました。

3時間半ほど
ゆっくりでしたが、いい休日になりました。

<<本日の靴:現在砂漠用の靴を調整中>>
先日購入した
アルトラのトーリン2.5

ALTRA社のスニーカーが2つのことが好きでよく使っています。

1)ゼロドロップ
靴の傾斜なくフラットなこと。

2)つま先が広いこと。
toeボックスが広く
指先がのびのびできます。

そのため、チーランニング(ナチュラルポジションランニング)がやりやすいです。

※こちらは、靴箱に入っていた説明分より。

Altra
Torin2.5
10.5 (28.5cm)
※砂漠用ということもあり、
最近は、サイズは1.5センチほど大きめを選んでいます。


 

トーリンは、前回MDSで使用していた
パラダイムよりも
若干軽いのとメッシュ時が少なく砂が入りにくい
ため実験してます。

 

<本日の実験>
Altra Torinアルトラ トーリン2.5

使用感想

踵がすこし動くためか
アキレス腱皮下滑液包炎のような
踵部分からアキレス腱の起始部に、やや痛みがあり。

重さと、距離を一気に新しい靴で使いすぎたためと思われる。
次回は、短い距離で。

明日は、ワラーチにてランニング予定。

姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家(R)仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメント1件

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です