2020-06-26

2020年6月_”精神”振り返り


毎週一回配信しているメルマガより
シェアさせていただきます。今週は、精神から。

メルマガ登録

メルマガ登録

今週の振り返りは、”精神”。
姿勢治療家(R)仲野孝明は、健康を6つで構成しています。
【姿勢構造】【睡眠】【食事】【運動】【呼吸】【精神】
毎週1つのテーマで、実践できる考え方と私の振り返りをお届けしています。


Photo by David Monje on Unsplash
今週の振り返りは、”精神”。
”精神”に関することを1週間の中で、気づいた学びを振り返りお伝えするコーナーです。

幅広い年齢の方を診療していると、たくさん学ばせていただくことがあります。
特に感じるのは、”精神”です。
心のあり方で、健康に大きな影響が出てきます。

体調が悪くなると、ついつい姿勢も気持ちも下向きになってしまいます。気持ちが追いついてこないと、年齢によっては生きる気力すら出てこなくなります。

2020年6月から86歳の女性が、車椅子で来院しはじめました。
2020年5月末に美容院への外出中に転倒、救急車で運ばれ、下顎骨骨折、食事は流動食になってしまった方です。
転倒後、2週間ほど経過しましたが、歩くこともままならない状態でした。
なんとかご来院したいとご家族のサポートもあり車椅子でご来院されました。

お話を丁寧に伺うと、2020年2月までは、1週間に2回ジムで運動できていたそうです。
コロナ騒ぎで3月から自宅から籠っており、気付いたら足元がフラフラしてきていたとのこと。
近くの美容院に歩いて帰宅途中に、転倒してしまったそうです。

同じような状況になっている方が、世界にはたくさんみえるかと思うと胸が締め付けられる思いでした。

「たった、3ヶ月動かないだけでカラダが動かせなくなった」と、下向きながらお話されていました。
2年前までご主人の介護を長年しており、「今が本当に自由で楽しい毎日だった」とのことです。

『なんとしても歩きたい・車椅子だけは嫌』そんな一心でご来院されています。
2週間で4回診療していく内に、少しずつ、つたい歩きができるようになってきました。
自宅でも、もちろん行う宿題を渡していますが、積極的にこなしてくれています。

どんな状況でも、やりたいこと。
なりたい状態。があることが大切ですね。

【心のあり方で、人生は変わる】と、学ばせていただきました。
心の姿勢が、人の生きる道、人生ですね。

p.s
東京で開業する時、内装が空間制限もあり、車椅子や杖での来院を考えてはいましたが対応できませんでした。
こんな状況があると申し訳なく感じます。
次作る時には、もう少し優しい作りにしますね。

私の点数は、5点満点中5点でした。

姿勢治療家
仲野孝明


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です