2018-11-06

血糖値計測リブレ装着|鎌倉トレイルランニングでのエネルギーチャージによる変化


12月の大会にむけて
走らなければと焦りながらも体重も落ちない
姿勢治療家(R)の仲野孝明です。

トレイルランニングでの
エネルギー補給による血糖値の変化を実験しました。

今日のコースは
16km
小雨の中、走ってきました。

<結論>
マルトデキストリンは、急激な急降下が少ないため
疲労感がや空腹感が出にくかった。


初めての鎌倉でした。
小針さんに、全部ガイドをしてもらいました。
ありがとうございます。

私のYAMAPのGPSの設定がOFFに
なっており、ほぼ地図が読めず。。
しっかりお世話になりました。

10:55 スタートで
1時間ほど走ったところで
血糖値計測しました。

少しずつ血糖があがり
124。

雨のため濡れないように袋に入れてあり
画面が見にくいです。
このあたりの上昇は、
先週の横浜マラソンと同じでした。

ここで、実験の
”スポーツようかん”を
食べてみました。

空腹感はあまりなかったのですが、
開始から1時間30分。

食べた後、
少し元気になった感じはありました。

50分後計測
13:10に計測
血糖値は155まで上昇しています。

その20分後

13:31
急にお腹が空いてきたので
測ってみました。
やはり、急激な低下が起こっていました。

次は、
アイアンマンコペンハーゲンでも使用した
粉飴ジェル。

13:41
マルトデキストリン+クエン酸の
粉飴ジェルを投入

空腹感も落ち着きました。
特に気にすることなく

その後、
お風呂に入ったりしながら
食事前に測ったのが
こちら。
14:59

羊羹の
急降下よりは、和らいでいます。

上昇の角度は同じですが、
血糖の下がり方が違います。

私には、デキストリンの方が急激なグルコースの降下がないため
良さそうです。

稲村ヶ崎のMainにて乾杯!!

その後
帰宅し夕食前がこちら。

夕食は、
19:30 肉温卵きのこ豆腐でした。

その後
血糖値は安定しています。

身体を見直す時間が、人生を見直す時間です。
姿勢が変わると、人生が変わる。

姿勢治療家®仲野孝明

<関連WEB>
血糖値計測リブレ装着|横浜マラソンでの血糖値の動き
http://takaakinakano.com/marathon_libre/

グルコースモニタシステム|血糖値計測リブレを使用した1日データ
http://takaakinakano.com/libre/

 


本ブログからお願い

この記事は、読んでいただいた方が自由に記事へ投げ銭ができるPay What You Want(あなたが払いたいと思った分だけ払っていただく)方式をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じていただけた場合、 INVESTMENT TICKETをクリックして、投げ銭していただけると幸いです。

※金額は自由に変更できます。

投げ銭していただいた資金は、より良いブログ記事が書けるよう運営費に使わさせていただきます。もちろん価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、記事のシェアなどしていだけると嬉しいです。


■メルマガ登録|仲野孝明メールマガジン
6ヘルスを軸にした日々の気づきコラム配信中

■Youtube|姿勢治療家の「姿勢の医学」チャンネル
正しい姿勢と正しいカラダの使い方配信中

■PODCAST|姿勢が変わると、人生が変わるラジオ
毎週金曜日配信

■有料動画講座|いつでもどこでも学べる姿勢
一般社団法人 日本姿勢構造機構


■オンラインSHOP|姿勢治療家印のグッズ販売

自分が使いたい商品をつくっちゃいました

■仲野整體東京青山|姿勢治療家HEADOFFICE
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です