2017-11-20

【厳選姿勢治療家コレクション】ムービングディスク


トレーニング用品も
健康器具も
どんなものを選んだらいいかわかないと
沢山のお声を伺います。

健康に関するものは、毎日
たくさんの商品が生み出され、沢山の広告や情報から
玉石混交の市場になってます。

姿勢治療家(R)として
そんな商品を使わせていただいたり
作り方をみていると
何を意図して作っているかも
ある程度はわかります。

創業90年の間、
数々の商品が生み出され、本当に良い物は
末永く使わせてもらっています。

戦前戦後、治療業界は
医療機器メーカーと
一緒に切磋琢磨して
業界を支えてもらってきました。

現在も、先々代より50年、60年以上も
取引させて頂いている会社も何社もあります。

共通されているのは
現場の先生が
喜ばれるものを作りたいと
現場の声を拾って良い商品を作っていただいてます。

そんな会社で
カイロプラクティックの分野を今も支えてもらっている
京都の江崎機器さんがあります。

その会社が
トレーニング用につくった商品で
15年以上変わらず使わせてもらっている商品があります。

とってもシンプルな
空気を入れてふくらますタイプのディスクです。

それだけです。

高さ5センチ、横幅30センチほどのサイズです。

使い方2つです。

1)立って使う
空気を入れて不安定な上に立って使います。
捻挫のあとのリハビリ
足首の強化、
バランスの向上など
不安定な上で体幹のトレーニング
ゴルフの体幹トレーニングなど
に使います。

2)座って使う
空気を入れてイスの上に乗せてつかいます。

お尻の下で
骨盤を動かすような使い方をします。
この使い方で、股関節の可動範囲向上などできます。

ディスカウントショップなどの
類似商品が多いので
ご覧になったかたも多いかもしれません。

しかし
類似商品が決定的に違う点が1つだけあるのです。

商品の”固さと厚み”です。

先日のその江崎機器さんの開発エピソードを偶然知る機会があったのですが
強い信念を持った商品開発の秘話でした。

私は、商品のリハビリという特性から、
固さがない類似商品を避けていました。

他の商品は、どれも
薄く、空気を入れて膨らます過程は一緒なのですが
どれも、柔らかすぎて
使えませんでした。

この気になっていた
”固さ”をつくることが大変だったようです。

例えば、ディスクの上に乗って
バランスを取る練習をする際に
商品の性質上、
軟らかすぎると空気が移動する前に足が地面についてしまいます。

捻挫を防ぐというリガビリに使用する点からも
ある程度固さがないと危険になってしまいます。

リハビリしながら
怪我しては元も子もありません。

この”固く”の秘訣は
可塑剤という材料にありました。

ブロー成形と呼ばれる成型方法で作られるそうです。
PVC(ポリ塩化ビニル樹脂)を金型に入れて、空気で膨らませながら中を空洞にして。

可塑剤(かそざい)と呼ばれるPVCを固くする薬品をいれて整形します。

こだわりの”固さと厚み”を出すために可塑剤を多く入れるため
PVCの伸びも悪く多く使用する必要があるため手間がかかるそうです。

表面ではわかりにくいですが
中の厚みにばらつきがでてしまうそうです。
最低2mm以上の厚みがないものは工場ではねているため、
通常の使用で破損することはないとのことです。

しかも
PVCではなく、環境に配慮したATBC-PVCを使用
フタル酸エステルを使用していないそうです。

ちょっとした商品ですが
できるだけ一番いいものを提供できるように
日々アンテナを張っています。

ご来院のクライアンや
ご縁のある法人の皆様の
改善にベストな商品を厳選し日々研究しています。

姿勢治療家(R)セレクト
ムービングディスク

3,800円(税別)

姿勢が変わると、人生が変わる。
姿勢治療家(R)仲野孝明

◎成功する姿勢力ラジオ
毎週金曜日、体を見直す時間は、人生を見直す時間です。

◎【毎月土曜日講座開催】一生「疲れない」姿勢のつくり方入門講座
セミナーの参加されたい方へ

◎仲野孝明無料メールマガジン登録
ブログでは書けない情報を発信していきます。

◎仲野整體東京青山
実際に治療されたい方へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です